後ろ姿…みるみるオバ化!「お尻のたるみに直結する」悪習慣6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たちは、加齢に伴い基礎代謝が低下し、筋肉量が落ちるため、お尻、お腹、バストなどいろいろな部位にたるみが生じます。

しかし、普段の姿勢や習慣によっては、誰よりも早く、たるんだ老化ボディになりやすいのです。

無意識な習慣こそ危険! 定期的な運動や食事の改善も不可欠ですが、普段の生活習慣は、たるみを作る大きな要因となります。そこで、パーソナルトレーナーでもある筆者が、お尻のたるみを作る悪習慣をご紹介します。

 

■1:柔らかいソファを好んで座る

カフェや待合室にあるような柔らかいソファは、身体が沈み、猫背姿勢になりがちです。骨盤が寝た状態が続くと骨盤や股関節、脊柱の歪みに発展し、たるみに繋がります。自宅のソファも柔らかい方は要注意。床に座るなど、頻繁にソファに座らないように心がけましょう。

 

■2:階段を利用しない! つま先だけ階段に乗せて昇る……

筆者の調べでは、一般事務のOLさんの消費エネルギーは格段に少ないようです。なので、階段を見つけたら利用する習慣をつけましょう。

また、つま先だけ階段に乗せて昇る方は、お尻の筋肉が使えていないことが多いです。お尻にきゅっと力を入れ、かかとまで階段に乗せて昇るようにしましょう。

 

■3:脚を組んだり、斜めにして座る

左右交互に同じ時間、同じ体勢をしているのであれば問題は少ないですが、大概は、やりやすい方向に脚を組み座っているはず。股関節、骨盤の歪みに繋がり、お尻は下垂しやすくなります。仕事中、通勤中は特に気を付けましょう。

 

■4:膝を曲げて歩く

ヒールをはいている方に多いのですが、両膝を曲げて歩いている方が大変多いようです。格好悪いだけでなく、膝に負担がかかり、お尻の筋肉が使われていないので、今は問題なくても、将来たるみに発展する可能性が高いです。膝を曲げて歩くのは、やめましょう。

 

■5:湯船につからない

湯船に年中毎日つかるようにしましょう。筋力が低下するとリンパの流れが悪くなり、老廃物がたまりやすくなります。そのため、お尻下部にデコボコとした脂肪の塊ができやすくなります。運動や水分摂取と共に、入浴は欠かさないようにしましょう。

 

■6:運動の習慣がない(有酸素運動しかしていない)

30歳を過ぎて、運動の習慣がない方は危険です。10代から基礎代謝は少しずつ低下しており、何もしなければ細くてもお尻のたるみは防げません。ヨガやランニングなどの有酸素運動は、長期的に行うと筋肉量を低下させてしまう恐れがあるため、あわせて筋トレを行い、筋肉量の減少を阻止しましょう。

 

いかがでしたか? 1つでも当てはまるものがある方は、今日から悪習慣をあらためて、後ろ姿に自信が持てる身体作りをしていきましょう。

 

【関連記事】

これ以上垂れさせないで!「ボディが崩れやすい人」NG共通点5つ

今すぐヤメて!「下半身デブに直結」する電車でのNGな座り方

顔のたるみ・シワの原因はソコ!? 「●●マッサージ」で速効解消

35歳がリミット!絶対断絶すべき「みるみる老け込む」悪習慣5つ

※ 【動画あり】寝る前にこれだけで!「骨盤正して美脚ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ デスクワークの女性は注意!すぐ病院に行くべき「キケンな腰痛」症状3つ

※ 「ダサッ」と思われないために!押さえておきたい結婚式のトレンド