ダイエットの危険な罠!「糖質・糖類ゼロ」でもゼロじゃない事実

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には、‟糖質ゼロ”や‟糖類ゼロ”などと書かれている飲み物が溢れています。

でも本当は、それらには「ゼロではない」ものがあると知っていますか? なんとなく低カロリーだから、体に良さそうと漠然と選んでいたなら、それではダイエット成功が難しいかも。今こそ、その本質を正しく学びましょう。

 

1:”糖類ゼロ”とは

糖類とは、ブドウ糖、果糖などの‟単糖類”と、砂糖、麦芽糖などの‟二糖類”のことを指します。

糖類に含まれないものに、オリゴ糖、でんぷんなどの‟多糖類”、キシリトールなどの‟糖アルコール類”、スクラロースなどの‟人工甘味料”があります。そのため、”糖類ゼロ”と書かれている飲み物には、オリゴ糖やキシリトールなどが使われている可能性があります。

さらに、消費者庁の栄養成分表示制度では、食品100gもしくは飲料100mlあたり糖類0.5g未満であれば、ゼロ表示しても良いとしています。なので、”ゼロ”という表示だとしても糖類が全く使用されていないというわけではありません。基準値内なら使用されているかもしれないのです。

たとえば500mlのペットボトルだったら、最高で2.5g、小さじ1杯弱の砂糖が使われている可能性があります。

 

2:”糖質ゼロ”とは

糖質は、糖類よりもさらに幅が広く、炭水化物から食物繊維を除いたものすべてを指します。ですから、糖質の中には、糖類も含まれています。また、糖類に含まれなかったオリゴ糖やキシリトールは、糖質に含まれます。

気を付けたいのが、糖類と同様に、糖質の場合も、食品100gもしくは飲料100mlあたり0.5g未満であれば、ゼロ表示しても良いと決められているんです。

 

3:”糖質オフ”とは

ここで気になるのが、世の中には”糖質オフ”と表示された食料品もあるということ。この”糖質オフ”は、食品100g(飲料の場合は100ml)あたり糖質が5.0g(飲料なら2.5g)以下の場合に表示可能とされています。ですから、単に”オフ”や”カット””控えめ”とあっても、全く含まれていないわけではありません。

 

”ゼロ”と書いてあると、甘いものは一切含まれていないと錯覚しがち。でも、ゼロやオフという言葉があっても、必ずしもそうではないということを頭に入れて、常に飲み過ぎ、食べ過ぎに気を付けていくべきですね。

 

【関連記事】

※ 30歳越え男女は毎日摂って!「アレの減少を防ぐ」身近な飲み物4つ

実は痩せない!? 糖質オフダイエットの超危険な落とし穴

※ 1時間に1回はしたい!男がつい二度見する「なぜか色っぽい仕草」

なんと!「ポテチ食べて13.6㎏痩せ」辛くないカロリーセーブレシピ

※ 【動画あり】寝る前にこれだけで!“骨盤正して美脚ストレッチ”

 

【姉妹サイト】

※ ついに解禁!ボジョレーがさらに美味くなる「相性抜群チーズ」とは

※ 自覚してない人が多すぎ!「職場で嫌われる女性」のNGパターン3つ

 

【参考】

食品表示 – 消費者庁

e-ヘルスネット 健康用語辞典 炭水化物 / 糖質(たんすいかぶつ / とうしつ) – 厚生労働省

e-ヘルスネット 栄養成分表示の活用 – 厚生労働省

 

【画像】

Petras Gagilas