レミ絵にいびられてぇ…!男もひれ伏す「菜々緒風」強気アイメイク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

TVドラマ『ファースト・クラス』(フジテレビ系)で、強烈な役・“レミ絵”を熱演中の菜々緒さん。一見、男ウケしなさそうなキツいキャラクターですが、「レミ絵にいびられたい」と発言するなど、悪女に心を奪われている男性は少なくないようです。

そこで今回は、菜々緒さん演じる“レミ絵”に、ちょっぴり近づくアイメイク術をご紹介したいと思います。

 

アイライン&アイシャドウ

20141117Tsugita3

レミ絵顔になるための、メイクステップは以下の通り。

(1)目を閉じて、ブラックのペンシルアイライナーで上まつ毛の際を塗ります。奥二重の方は、目を開いたときに二重になっている部分から描き始めます。

(2)目尻はできるだけ太くします。

(3)目を開いて、黒のリキッドアイライナーで上まつ毛のあいだを埋めていきます。

(4)リキッドアイライナーで目尻から3mm程度長く引き、最後は跳ね上げます。

(5)下まぶたは、ブラウンのアイシャドウを目尻から4分の1程度に軽くのせます。

(6)アイシャドウは、シャンパンゴールドやベージュなどをまぶたにオン。アイラインの存在感を出したいので、黄味の強いゴールドや濃いブラウンは避けましょう。

 

マスカラ&アイブロウ

(1)ビューラーでしっかりまつ毛を上げて、セパレートタイプのマスカラでダマにならないように塗ります。

(2)目尻の印象が物足りない場合は、目尻用のつけまつげを使いましょう。

(3)アイブロウは、濃いめのブラウンを使用。まず黒目の上あたりから描き始め、できるだけ眉が目に近づくように入れます。

(4)ブラシに残ったアイブロウで、目頭側を描いていきます。目頭よりも、やや内側まで入れましょう。

(5)再度アイブロウをブラシに取り、ほんの少し右上がりの直線眉を描きます。

(6)ペンシルで眉山を作り、末尾は細くなるように仕上げましょう。

 

アイメイクとアイブロウを変えるだけで、印象は変わります。普段はふんわりメイクの方も、レミ絵顔で彼に新たな一面を見せてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ リンパを流すだけ!? 超シンプルな菜々緒の「美脚」テク2つ

※ 向井理もヤラれた!国仲涼子の「大人キュートな愛嬌顔」メイク術

※ こわっ!「マウンティングしそう」と判断される最強女の特徴6つ

※ コツはたったの3つ!即「綾瀬はるかのモテ顔」になるメイクテク

※ 【動画あり】矯正サロン並みの効果!「拳だけ」でできる小顔キープ術

 

【姉妹サイト】

※ 道端ジェシカ他モデルが実践!簡単なココナッツオイル活用術3つ

※ 女心はフクザツ!? 「ワーキングマザー」に対する職場同僚のホンネとは