靴下は履くか脱ぐか?「朝の過ごし方」で冷え性が悪化するワケ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アナタが冷え性になったきっかけは何ですか? 意外と「いつの間にか冷え体質になってたんだよね……」という人も多いようです。

加齢のせい? 筋肉が減ったから? 無理なダイエットで体質が変わったから? 様々なきっかけがあると思いますが、実は1番気を抜きやすい朝の過ごし方に、冷え性を悪化させる要因が潜んでいるんです。

そこで今回は、朝どんな過ごし方をすると冷え性が悪化するのか、その原因と対策法をご紹介します。

 

■実は早朝が最も体温が低かった

体温は、1日中変化し続けています。1番体温が低くなっているのが早朝4時頃で、その後お昼にかけて徐々に上がっていくのが普通とされています。ホルモンの関係もありますが、寝ている時は副交感神経が優位なため、血管が広がり、血流がよくなっているとともに、熱の放散も激しいため、体温も奪われやすくなっています。

 

■朝の過ごし方次第で冷え性かどうか決まる

そんな冷えきった朝から、アイスコーヒーを飲んだり、朝食を抜いたり、時間がないからとバタバタ慌てたり……そんな行動がさらに体温を下げてしまい、昼にかけて上昇するはずの体温が低いままになってしまう恐れがあります。

また、入眠の時は、体温を下げた方が熟睡しやすいため、パジャマは薄手のことが多いはず。薄着のままで朝、長時間過ごすと、体がさらに冷えてしまうので気をつけてください。

 

■朝の低体温からの脱出法

冷たいものを摂らないこと、薄着のままでいないことなどがポイントですが、具体的に低体温にならないための方法をいくつかご紹介します。

(1)白湯を飲む

できる限り体温以上の白湯を飲んで、内臓を起こしてあげましょう。

(2)靴下を履く

冷えは、最初に足元から来ます。寝起きは必ず靴下を履きましょう。

(3)首を露出しない

過去記事、「不調な時はココを温めればOK!一番早く冷えが取れる部位」でもご紹介しましたが、「寒いっ」と感じた途端、前毛細血管括約筋が毛細血管をギュッと細くしてしまいます。この状態になると、血管が再度広がるのに10分〜40分もかかってしまうことに。そのため、“寒冷刺激を最も感じる首”は、冷やさないようにしましょう。

(4)朝の支度は余裕を持って

朝は、寝起きの副交感神経が優位な状態から、交感神経が優位に切り替わる大切なタイミングです。急に交感神経が優位になると血管が収縮したままになります。

また、自律神経は朝の状態を反映しやすいため、1日中血管が収縮して、冷えた状態にならないよう注意しましょう。

 

冷え性体質になってしまう生活習慣のポイントは、朝の過ごし方に隠されています。寝起きにあれこれ考えるのは面倒かもしれませんが、そのあと1日中体が冷えてしまうのは、もっと嫌ですよね。まずは、寝起きに体を冷やさない工夫を是非心がけてみてくださいね。

 

【関連記事】

けさ何飲んだ?キレイは朝から…米セレブ3人の「目覚めの1杯」

ただ朝に食べるだけ!今夜から「寝付きがよくなる」快眠食材とは

52歳がまるで30代!最強アンチエイジングフードは「朝の卵」だった

※ 【動画あり】接着剤はダメ!剥がれ・亀裂「ネイルトラブル」対処法

 

【姉妹サイト】

※ 向井理も結婚!? お似合い過ぎて泣ける芸能人「美男美女夫婦」まとめ

※ 「追われてる感」の原因はコレ?長く働きたいなら避けるべき4つの習慣