「顔歪み女子」は要注意!原因は全身の歪みやアレにあった

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「顔が左右対称の人は美しく見える」と言われています。

実は、顔の歪みは、顔だけの問題ではなく、体全体の歪みから生じていることがほとんどなのです。

そこで今回は、痩身サロンでたくさんの女性の体の歪みを診てきた筆者が、自宅でできる歪み改善法をお伝えします。ちょっとした心がけで、歪みを軽減できるコツがありますよ。

 

■クセだけ治しても左右対称は治りにくい

『美レンジャー』の過去記事、「顔が大きくなっちゃう原因はコレ!危険な“顔の歪み”診断」でもご紹介したように、顔だけでなく、全身を診てから歪みを治すのが正しい順序、やり方です。

日常のクセだけでなく、利き腕、利き目、利き耳に至るまで普段何気なく比重を置いている側を意識し、反対側もマメに使うようにするといいですよ。

 

■視力も歪みの原因に

とくに利き目、視力に左右差がある人は要注意。利き目側の目の筋肉ばかり普段使っていると、同じ側の側頭部が緊張して、利き側がつり上がる傾向が見られます。さらに、あまり使っていない側は衰えるため、左右非対称が強くなってしまうのです。

 

■自力でできる改善法

まずは、信頼できる鍼灸院やカイロで自分の体を理解することが効果的です。

また、利き腕を急に変えることは難しいので、それを補うためにも左右対称の運動を行うことをオススメします。

左右対称の運動でオススメなのが、水泳・ヨガ・ラジオ体操などです。とくにヨガの太陽礼拝の動き(合掌のポーズや天を仰ぐように、両手を高く上げるポーズなど)は、全身の筋肉を伸ばせて、使っていない部分の硬さを感じることができますよ。

 

いかがでしたか? 日頃ちょっと意識するだけで歪みを改善することは可能です。普段比重を置き、使いすぎているほうの腕、目などの負担を軽減して、反対側も使うように心がけてみてください。

 

【関連記事】

プロから警告!自宅で小顔マッサージすると損する人の特徴4つ

顔が大きく老けて見えちゃう「あごのたるみ」を作るNG習慣3つ

※ 働くママのエネルギー切れ回避!ワタシ時間を確保できる「家事救世主」

※ 【動画あり】矯正サロン並みの効果!「拳だけ」でできる小顔キープ術

 

【姉妹サイト】

※ 綾野剛&長瀬智也が悶絶!男がとろける「かわいい方言」はどこ?

※ これなら達成確実!仕事の目標は「できるだけ小さくすべき」4つの理由