柔らか…くない!オトコの理想を打ち砕く「残念な二の腕」特徴3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性にとってコンプレックスな部位でも、男性にとっては魅力的で、つい触りたくなるパーツがいくつも存在します。

『gooランキング』の「美味しそう!!噛み付きたいちょっとマニアックな女子のパーツランキング 」によると、男性が噛み付きたくなる部位として、1位はムチムチの太もも、2位は潤んでいるくちびる、3位は同率でふわふわのほっぺたとぷるぷるの二の腕という結果になっていました。

ムチムチ、ふわふわ、ぷるぷるといった質感も、男性にとっては大切なようですね。

しかし実際のところ、イメージ通りの柔らかさを持っている女性は、少ないかもしれません。そこで今回は、二の腕に焦点を当て、男性のイメージとは真逆の、残念な二の腕についてご紹介したいと思います。

 

■1:実は硬~い二の腕

大多数の男性は、「二の腕は胸と同じ柔らかさ」と思っているようですが、残念ながらそうとは限りません。心臓に近い胸は、温かく血行も良く、脂肪がたくさんついているので確かに柔らかいです。

しかし、冷えやすく疲労も感じやすい二の腕は、脂肪以外にも老廃物として硬いセルライトがぎっしり詰まっています。そのため、実は、ガチガチに硬くなりがちなのです。

 

■2:実はブツブツ二の腕

以前『美レンジャー』の記事、「夏が来る度ブツブツに憂鬱…すべすべ二の腕にする超簡単な秘策は」でもご紹介しましたが、二の腕部分には、代謝異常によって古い角質が溜まることがあります。

これは、毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)や毛孔性角化症(もうこうせいかくかしょう)と呼ばれる、皮膚疾患のひとつで、所謂”さめ肌”のこと。

この疾患があるとザラザラした状態の二の腕になります。角質があると、ブツブツ・ザラザラになりやすく、男性のイメージするモッチリとは違う質感に……。

 

■3:実はカサカサ二の腕

先日、「【動画あり】華奢な二の腕になる!”ねじれ解消ストレッチ”」 にてご紹介しましたが、現代人の二の腕は、本来あるべき方向とは違った方向にねじれてしまい、血行が悪くなっています。また、普段二の腕の筋肉を使用する動きが少ないため、筋肉が衰え、さらに血流が悪い状態です。

お肌の潤いのほとんどは血液からもらっているため、血流が悪い二の腕は、実は潤い不足でカサカサしやすくなっています。

 

男性がイメージしている二の腕は、マシュマロのようでつい触りたくなるもの。でも実際は、イメージとはかけ離れた「冷たくて硬くてガサガサの二の腕だった」と感じられることになりかねません。

まずは、ストレッチ等で血流を良くしましょう。また、溜まってしまったセルライトには、「あなたはどれ?即効で脚をギューンと細くするタイプ別脚痩せ方法」でご紹介したキャビテーションがおススメです。

ふと触られて幻滅されないよう、マメにケアしてくださいね。

 

【関連記事】

※ 肩だけ揉んでもダメ!「ずっしり肩こり」ケアすべきはアソコだった

オフィスでこっそりできる!超簡単「二の腕&太もも」ダイエット

 

【姉妹サイト】

※ チェックされるのはココ!「女性同士」の初対面で嫌われない3つの秘訣

※ バケツにハンバーガー!? アメリカのおかしすぎる「食べ物サイズ」

 

【参考】

美味しそう!!噛み付きたいちょっとマニアックな女子のパーツランキング – gooランキング