実はベッドで彼がグサッ…!「女が言っちゃヤバイ」枕言葉5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

彼との付き合いが長くなると、ベッドでもどんどんオープンになっていきますよね。ですが、「親しき仲にも礼儀あり」。どんなに外見をキレイにしていてもベッドマナーを守れない女性は、上質な女性とは言えません。

そこで今回は、海外の女性情報サイト『Women’sHealth』の記事を基に、“大人の女性が絶対に言っちゃいけない枕言葉”5つをお届けします。

 

1:「わかったよ、さっさとやろっ……」

こっちは仕事や家事で毎晩クタクタなのに、彼がしつこく求めてくる……。とはいえ、毎回断るのも悪いし、正直面倒くさい……。そんなときに思わず言っちゃうのがコレ。

言われた彼氏のほうは、「そんなに俺とするのがいやなのかよっ」と、浮気に走りたくなるかも。

 

2:「えっ、もう終わり?」

男としての自信が奈落の底まで落ちちゃいますね。もし、セックスに不満が残るのなら、この言葉をぐっと飲み込んで、うまく導いてあげるのはいかが?

あなたが上手に誘導してあげたら、彼の秘めたる才能が開花するかもしれませんよ。

 

3:「元彼はコレが好きだったんだ」

彼が萎えちゃう凶器の言葉。男性は、他の男性と比較されるのが大嫌い。絶対に元彼の話は禁物です。

 

4:「まだ終わらないの~?」

ベッドマナーとして最悪です。こればかりは、コントロールしようがありません。相手が終わったときはすぐに分かるのですから、わざわざ聞くのはやめましょう。

 

5:「愛してる」

もちろん二人がこの言葉を既に交わしているのであればOK! でも、彼は言ったことがないのに、あなたのほうから、しかもアノ最中に言ってしまったら、男は“硬直”してしまうでしょう。彼を問いただすような“重い”言葉は、避けたほうが無難です。

 

こと秘め事に関しては、男はとっても繊細。セックスが男としての自信に直結しているので、言葉には十分気をつけて! 男性に愛されるワンランク上の女性は、“ベッドボキャブラリー”から、上記の言葉を削除しておくのがマナーでしょう。

 

【関連記事】

お泊まり前は控えて!「デリケートゾーンの悪臭」招くNG食材3つ

男性が好きな「女性のアンダーヘアの形」第1位は…意外な結果に!

実はベッドで彼がオエッ…!アソコの激臭「すそワキガ」を自己診断

毎日もらうアレもダメ!「男子が萎える」NGなバッグの中身5つ

※ 【動画あり】セルフなのに剥がれない!「ジェルネイル」3つのコツ

 

【姉妹サイト】

※ つけているだけで美スタイルに!? 簡単手間なしボディメイク術とは

※ 8割の男女が希望!1〜3回目の「完璧なデートプラン」が明らかに

 

【参考】

13 Things You Should Never EVER Say During Sex – Women’sHealth

 

【画像】

※ by © kiuikson / Dollar Photo Club