眼の疲労…ヤバイ!眼科医が警告「視力がみるみる落ちる」悪習慣

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美レンジャー

仕事でも家でもPC やスマホを見る時間が長く、「年々視力が低下している気がする」と、近視に悩む女性は少なくありません。

近視の大きな原因は遺伝だと言われていますが、日々の生活習慣も関係してきます。視力は毎日変化するもので、眼が疲れると視力が落ちてしまいます。

そこで今回は、眼科医の長田美穂さんにうかがった、眼の疲れを増長させるNG習慣をご紹介します。

 

■眼の疲れを増長させ、視力低下を招くNG習慣4つ

(1)暗い場所での読書

寝る前に暗い部屋で読書をするのは、おすすめできません。光が少ない部屋で眼を使うと、必要以上に眼が疲れてしまいます。暗い部屋での読書は控えた方がよいです。

(2)近い距離でものを見る

読書のときやPC操作時など、眼と本やPCの距離が近すぎるのはNG。近い距離でものを見ると、眼の筋肉が収縮した状態が続き、眼の疲労を招きます。読書やPC作業時は、ある程度距離をとるように気をつけてくださいね。

(3)合わない眼鏡やコンタクトを使用する

度が合っていない眼鏡やコンタクトを使用することは、眼が疲れる原因に。定期的に検査して眼に合ったものを使用することが大切です。

(4)長時間のPC、スマホ操作

PCやスマホのディスプレイからは、網膜まで届く強い光“ブルーライト”が発せられていて、長時間見続けると眼精疲労を引き起こします。毎日長時間PC作業をする人は、ブルーライトをカットする眼鏡を使用してみるのもよいです。

 

■眼をリラックスさせるために意識したいこと

疲れた眼は、休ませることが大切。以下の3つを取り入れてみてください。

(1)睡眠をしっかりとる

睡眠時間は、眼を使わない休息時間でもあります。睡眠時間が少ないと眼を休める時間も少なくなってしまうので、睡眠時間の確保は大切です。

(2)1時間のPC作業のあとは15分、眼を休める

毎日仕事でPCを使用する人は、1時間集中したあとにPCから眼を離し、15分ほど休めるのが理想です。15分も休憩できないという人は、5分でも眼を休めるよう意識してみてください。

(3)近くのものを集中して見たあとは、遠くを見る

近くのものを見続けると眼の筋肉が収縮した状態が続き、眼が疲れてしまいます。近くのものを長時間見たあとは、遠くの景色を見るようにするとよいです。

 

以上、眼の疲れを増長させるNG習慣をご紹介しました。ぜひ、『美レンジャー』の記事をスマホで見た後は、すこし眼を休憩させて、負担をやわらげてあげてくださいね。

 

【関連記事】

ハッ…毎日してた!一気に老け込む「目の下のクマ」悪化原因3つ

気付くとしわくちゃに「目元のシワたるみ」が激増するNG習慣5つ

スマホで視力ダウンした人必見!簡単すぎる「お風呂で疲れ目ケア」

あの人顔が歪んでる…スマホの見過ぎは両目のバランスが崩れる!

※ 【動画あり】セルフなのに剥がれない!「ジェルネイル」3つのコツ

 

【姉妹サイト】

※ 一瞬で職場が凍りつく!? 年上女性の「自虐ネタ」への大人な対応術

※ 日本ではフツーな「歯磨きコップの使い回し」が虫歯の原因だって!

 

【取材協力】

※ 長田美穂・・・日本眼科学会会員。東京慈恵会医科大学眼科学非常勤。現在、育児休業中の二児の母。