やりがち!美容師のやる気をそぐ「ヘアサロンでのNG行動」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私たち女性が、1~2ヶ月に1度は足を運ぶ場所といえば、ヘアサロンですよね。キレイな髪型に変身するために大事なことのひとつが、美容師さんとのコミュニケーションですよね。

しかしながら、美容師さんから「残念!」と思われてしまうNG行動があるのをご存知ですか? 

そこで今回は、過去記事から意外とやりがちな”美容室でのNG行動”をご紹介します。

 

■勘違い女性多し! ついついやりがちなNG行動まとめ

『美レンジャー』の過去記事「今すぐやめて!美容師に嫌われるヘアサロンでのNG行動4つ」では、美容師に嫌われがちなNG行動をお伝えしました。

(1)扱いづらい服装

(2)気合いを入れ過ぎる

(3)手抜き過ぎる

(4)整髪料のつけ過ぎ

美容師さんは、お客様の服装やメイクから好みを探り、その好みに合わせたスタイルを提案してくれています。そのため、いつも以上に気合いの入ったファッションや反対に手を抜いたファッション、すっぴんでの来店では、普段のあなたのイメージが掴めず、「なりたい雰囲気とは違う……」なんてことも。

また、スプレーでガチガチに固めている、オイルのつけ過ぎでベタベタな状態では、髪本来の状態が分からず、美容師さんが苦戦してしまうそう。普段通りのファッションに、髪は軽くセットしておくのが良さそうですよ。

 

■その服は大丈夫? 美容師に嫌われるNG服装まとめ

『美レンジャー』の過去記事「絶対にやめて!美容師に嫌われる“NGファッション”8つ【前編】」「絶対にやめて!美容師に嫌われる“NGファッション”8つ【後編】」では、美容師から「扱いづらい!」と嫌われてしまう、NGファッションをお伝えしました。

(1)ギャップがあり過ぎな服

(2)いかにも高そうな服

(3)ライフスタイルと違い過ぎる服

(4)胸元が開き過ぎな服

(5)白の襟付きシャツ

(6)タートルネック

(7)フード付きパーカー

(8)毛足の長いニット

前述同様に、ギャップがあり過ぎな服、ライフスタイルと違い過ぎる服は、好みのスタイルから大きくかけ離れてしまうことからNG! さらに、いかにも高そうな服や胸元が開き過ぎな服も、美容師側からすると困ってしまう服の1つのようです。

具体的なNGファッションでは、作業がしづらい、毛が絡まりやすいなどの理由から、白の襟付きシャツ、タートルネック、フード付きパーカー、毛足の長いニットが挙げられました。思い当たるファッションはありましたか?

 

迷いがちなヘアサロンへのコーディネートも、NGファッションを避ければ、美容師さんから歓迎されるはず! さらに普段通りのメイク、軽いヘアスタイリングを心がけて、自分史上最強のヘアスタイルを手に入れてくださいね。

 

【関連記事】

※ 黄金の美容タイムが台無し!お風呂時間をムダにする5つのNG行動

※ またガッカリ!ネットで洋服を買うと失敗する人がやるNG行動3つ

 

【姉妹サイト】

※ 残念すぎ!職場で密かに「お局オバサン認定」されちゃうNG言動3選

※ 30代40代女子に朗報!未婚男性の95%が「年上との結婚OK」と回答