-300kcalも!●●するだけ「カレーのカロリーカット」スゴ技5つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

調理も簡単でアレンジも豊富、性別や年齢を問わず、誰もが好きなメニューといえばカレーです。

でもカレーライスは、ご飯やルーの量にもよりますが、一般的に700~800kcalと実は高カロリー。これだけのカロリーがあると、ちょっと気にしちゃいますよね。

しかし!カレーを作る工程でいくつかのポイントさえ押さえれば、数百カロリーも控えめにすることができるんです。今回は、簡単にカレーをカロリーダウンするポイントをご紹介します。

 

1:肉の代わりにシーフード+野菜

カレーの具材でカロリーをアップしてしまう要因が、牛肉や豚肉。皮や脂の少ない部位を選んで使い、肉の量も減らしましょう。その分、肉よりもずっとカロリーの低い野菜をプラスしたり、シーフードカレーにしてもよいでしょう。

 

■2:じゃがいもに要注意

じゃがいもといえばカレーに入る野菜の定番ですが、野菜の中ではカロリーが高いため、注意が必要。じゃがいもよりも、トマトやきのこといった低カロリーの野菜を使うようにしましょう。

 

3:油で炒めず電子レンジを活用

カレーはまず具材を油で炒めてから水を加えて煮込みますが、炒めるときに使う油のカロリーだってばかにはできません。サラダ油大さじ1杯で約100kcalありますから、炒めを1回省略することで、100~200kcalをダウンできます。

野菜類は電子レンジを使って火を通し、それから鍋で煮込むと、煮込み時間もかなり短縮できます。

 

4:カレールーを半分に

カレーのルーは小麦粉がベースでできており、市販のものは油がたくさん使われています。だから市販のカレールーを使わないだけでも、かなりのカロリーダウンが可能になります。

ただ、自分でスパイスを調合する自信は無いという方や、やっぱり市販のルーを使って簡単に作りたいという方なら、ルーの量を半分にすることをおすすめします。足りない分は、カレー粉を加えて調整しましょう。これだけでも50kcal程度は低くできます。

 

5:一度冷まして浮いてきた油を捨てる

上記のようなこれだけの手間を加えても、やっぱり油は含まれています。そんなときは、カレーを一度冷まして、固まって浮いてきた油をスプーンですくって除去しましょう。一度冷ますことによって、具にカレーの味がしみ込み、より美味しくなります。

 

ポイントとなる工程はたくさんあるかもしれませんが、これだけで約200~300kcalも簡単に落とすことができます。カロリーダウンが叶うので、ぜひ試してみてはいかがですか?

 

【関連記事】

美容成分たっぷり!スパイスの達人直伝「絶品本格カレー」レシピ

超高カロリー!海外フードチェーン「飲んではいけない」NGドリンク

やっぱりヤバかった!「カロリーゼロ」が肥満の原因と改めて判明

※ 【動画あり】セルフなのに剥がれない!「ジェルネイル」3つのコツ

高カロリーで栄養バランス悪すぎ!スリム美人が避けるNG麺料理

 

【姉妹サイト】

※ クリスマスに間に合う!? 恋に効く全国の「縁結び」パワースポット

※ うっかり内定取り消しに…「水商売やってた?」と疑われる会食時の仕草4つ