●●不足になっちゃう!? 女子は知っておきたい「玄米の落とし穴」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「白米より玄米の方が身体に良い」と、自宅でも玄米を食べ、外食先でも玄米を選んで注文している方。

実は、それだけで健康になったつもりでいるのは間違いかもしれません。

一見栄養バランスが完璧と思われる玄米ですが、ある栄養素が不足してしまう側面があり、特に女性はその事実をきちんと知っておく必要があります。

今回は、そんな玄米の、知られざる栄養面にスポットを当ててご紹介します。

 

やっぱり白米より優等生の玄米

玄米は白米とほぼ同じカロリーなのに、食物繊維は8~9倍、ビタミンB類も2~3倍と栄養価がかなり高く、このため健康食と言われています。さらに白米よりも噛みごたえがあるため、咀嚼の回数が増え、食べる量も自然と減るなど、さまざまな二次的効果も期待できる食品です。

玄米を食べると、便秘が治った、体重が知らないうちに落ちていたという実体験をした方も多くいるかもしれません。

 

玄米はミネラル不足に要注意!

そんな玄米ですが、注意したいのがミネラルの不足。その理由は、玄米に含まれるフィチン酸にあります、フィチン酸は体内にあるミネラルと結合して、体外に排出する働きがあるので、玄米を食べるとミネラルが不足してしまう可能性があるそうです。

とは言っても、玄米を食べて体内にあるフィチン酸が、すべてのミネラルを排出するというわけではないので、玄米以外の食事でカバーすることが大切です。

海藻類や緑の濃い野菜など、ミネラルをたくさん含む食材を摂るようにしましょう。女性は生理で鉄分が足りなくなりますから、特にこの注意は、忘れずに覚えておくことをおすすめします。

 

残留農薬の心配も……

さらに玄米で気を付けたいのが、残留農薬について。米の生育過程で農薬が使われていると、その農薬は、米のぬか部分にも多く残ってしまいます。白米ではぬかが除去されていますが、玄米では残っているため、農薬を多く摂取しやすいのです。

 

健康だと思い込んで過信してしまうのが、一番危険な行為です。事実を正しく知って、それに対する対策を行ってこそ、本当の健康と美しさが手にできるはずですよ。

 

【関連記事】

憎き脂肪をガード!「食事前に●●を食べるだけ」驚きの減量効果

健康な食生活をしてる自覚のある人ほど陥りがちな落とし穴とは?

思わぬ不健康効果!食べ方を間違えるとヤバいスーパーフード4つ

30代〜は食事が大切!美肌のためにアラサー女性が摂るべき栄養素

※ 【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ 当てはまったらキケン!今すぐ「デジタルデトックス」が必要な3つの兆候

※ 年末年始に行きたい!涙が出るほど美しい「世界の絶景」映像集