また今月も!9割女子が経験「生理前のイライラ・暴言」こう抑える

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いまだに謎の多い生理時の体の変化。どちらかというと良い変化よりも、体調が悪くなることのほうが多いですよね。

女性向け体調管理アプリ『ラルーン』の調査によると、生理前のイライラのせいで約8割もの女性が、「何かしら、やらかしている」ということがわかりました。

毎月生理の度にイライラしたり、何かしら失敗するなんて困りますよね。そこで今回は、生理時の失敗談や、みんなが行っている対策法をご紹介したいと思います。

 

■意味のないイライラに辟易……

『ラルーン』の「8割の女がやらかした!生理のイライラみんなの失敗談」の調査では興味深いことがわかりました。生理前にイライラしている女性は、92%にものぼり、その半数もの人が、「意味がないイライラ」を感じているそう。

原因が分からなければ、対策法も見つけにくいため、余計にイライラが増していくようです。

 

■みんなの失敗談1位は?

また上記の調査によると、意味のないイライラのせいで、ほとんどの人が暴言を吐いてしまうこともあるようです。身近な親から始まり、友達、彼氏にまで、いつも以上に強く当たってしまう危険が増えている様子。

近い存在の方には、イライラを言葉に出しやすいからだと考えられますが、言葉は二度と取り消せません。このまま放置すると後悔することになるかも……。

 

■みんなの対処法は?

同じ失敗を繰り返しているため、自分なりの対処法を探り、実践している人もいるそう。例えば……

(1)連絡を控える。SNSに出現しない(10代前半)

(2)イライラしていても、今は生理中だからと自分に言い聞かせる。(20代前半)

(3)他の人と、必要最低限しか接しない。(40代以上)

と、自分をコントロールしている人もいれば、カフェインを控えたり、好きなアロマやサプリ、漢方などを摂取して落ち着かせるという人もいました。皆さん、暗中模索しながら乗り越えているんですね。

 

個人差はありますが、生理時の体は、“いつも以上に疲れやすく”なっています。みんなの対策のように、「今イライラするのは仕方ないんだ」と納得することはとても大事です。また、解決を急げば急ぐほど逆効果にもなります。まずはイライラを受け入れる姿勢を準備することをおススメします。

また、ホルモンが急激に変化している部位は脳です。ホルモン分泌命令は、視床下部から始まります。視床下部は、体温調節や睡眠などと深く関わっていますので、体を冷やしたり、睡眠不足もイライラを助長させてしまうことがあります。記事を参考に、まずは焦らず、自分をうまくコントロールしていってくださいね。

 

【関連記事】

これでもう薬に頼らなくてok!生理痛を抑えられる食べ物

即やりたい!「生理前のむくみ」をスッキリ解消する5つの必勝法

救世主!痛みや倦怠感が和らぐ「生理前に食べると良い食材」4つ

生理時の経血をおしっこのように子宮に貯めておける方法とは?

※ 【動画あり】寝る前にこれだけで!「骨盤正して美脚ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ 他人事じゃない!磯野貴理子がなった「脳梗塞」危ない人の特徴とは?

※ 断食不要!働き女子にオススメの「10日間で体をデトックス」する方法

 

【参考】

8割の女がやらかした!生理のイライラみんなの失敗談 – ラルーン