年齢不詳なあの人が使っている「今話題のコスメ」とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20141105Tsugita

結婚したばかりの頃は、あんなにうまくいっていたのに……。「最近めっきり旦那が冷たくなった」「やさしい言葉をかけてくれなくなった」「私に関心がない」……そんな寂しさを抱えていませんか?

「長年一緒にいたら仕方がない」と諦めている方、ちょっと待って! パートナーの愛情が薄れていくのは、あなたの“おばさん意識”が原因かも。男性は、いつまでも女性に“女”でいてほしいもの。今回は、パートナーの愛情が深まるケア方法をご紹介します。

 

■男がドン引きしている3大パーツとは

美レンジャーの過去記事「男が“おばさんだな”と感じてゾッとした女の部分7つ【前編】」でもお伝えしているように、「がっかりだな……」と男性がドン引きする原因は“肌”にあり! 中でも、“口元”、“頬”、“首”が目に留まりやすいようです。

「今さら何をやっても……」と思っている方、大丈夫ですよ! スキンケアを見直して正しくケアすれば、想像以上に肌は応えてくれます。では、年齢肌が気になりだした方におすすめの、とっておきのスキンケアをご紹介しましょう。

 

■敏感肌でも使える!「守り」と「攻め」のスキンケア

年齢を重ねると、女性特有の体調の波やストレスが肌に出やすくなります。乾燥、くすみ、肌あれ……これらは年齢とともに、肌力が低下している証拠です。

そんな大人のゆらぎ肌は、わずかな刺激に反応したり、日によって手触りが変化したりと肌が敏感な状態。まずは、肌の状態を整える“守り”のケアが欠かせません。

でも、口元、頬、首といった3大パーツもしっかりケアしたいですよね。そのためには、守りのケアと並行して“攻め”のケアも必要になります。“守り”と“攻め”のケアを同時にできるのが、皮膚薬メーカーから誕生した『iniks(イニクス)』というスキンケアシリーズ。

20141105Tsugita3

肌を健やかに整える100%天然由来ブレンドハーブエキス、高保湿力で知られるリピジュアとヒアルロン酸、ベタイン、スクワランで肌をいたわり、なめらかに。そして、バリア&保湿機能をサポートするビタミンB6誘導体、ツヤ肌成分・ビサボロールで、年齢を気にしない透明感あふれるふっくら肌に導いてくれます。

20141105Tsugita2

筆者も使ってみました。まず、化粧水を2プッシュ分手のひらにとり、顔の中央から外に向かってやさしくなじませます。叩き込んだり、こすったりしないようにしましょう。ややとろみのあるローションは、肌にのせるとすっとしみこんでいきます。次に、化粧水をもう1プッシュ。これだけでもう肌がふっくら!

そして、化粧水と同様に、まずは2プッシュ分の乳液をなじませます。そのあともう1プッシュ。やさしくハンドプッシュして、じっくりなじませましょう。2度づけによって、塗り残しやムラを防ぐことができ、しっとり感がアップ。乳液をつけたあとは、透明感が出ます。化粧のりもよくなり、気持ちも高まりますよ。

1回の使用で、ふっくら透明感が感じられるので、使い続けるほどに年齢が気にならなくなること間違いなし! 『iniks』でケアを続けて、旦那さんの「キレイになったね」の一言を待ってみてはいかがでしょうか。

 

年齢を感じたら、“守り”と“攻め”のWケアが重要。『iniks』で肌本来の輝きを与え、パートナーが驚くほどの美しさを手に入れましょう!

 

【参考】

イニクス×美的タイアップページはこちら

※ イニクスキャンペーンサイトは、こちら