ブーツもパンパン!オフィスで1日2回はやりたい「むくみ脚解消法」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事が終わると脚がパンパン。はいてきたブーツが入らない……。憎きむくみは、今日も私たちを悩ませます。むくみの原因は、同じ体勢でいることで血流が悪くなり、脚に余分な水分が溜まるためです。

どんな人でもなりうる脚のむくみですが、本格的に対策している人は、あまり多くないようです。

そこで、パーソナルトレーナーでもある筆者が、身体の水分のめぐりをよくするために、オフィスでできる簡単エクササイズをご紹介しましょう。

 

■1:脚の運動でむくみ撃退!

椅子に座り、脚を極力伸ばした状態でつま先を上にして、脚の後面を伸ばします。その後、つま先を伸ばして脚の前面を伸ばします。3秒ずつ交互に繰り返しましょう。

 

■2:足首、膝の裏と付け根を指圧

足首、膝の裏、脚の付け根には、たくさんのリンパ管が集まるリンパ節があります。この部分を指圧してあげることで、滞っていたリンパの流れが整備されます。

足首は手のひらで包み込むように、膝の裏は両手親指で指圧します。脚の付け根は、手の母趾丘(ふくらみ)で押します。筋肉を弛緩させるためにも、息を吐きながら指圧しましょう。

 

■3:膝寄せですっきり

椅子に座り姿勢を正し、右脚を両手で抱え込み、右胸に近づけて15秒間キープします。その後、右脚を左胸に近づけて同様にキープ。お尻の筋肉を伸ばしましょう。反対の脚も同様に伸ばしましょう。

 

■4:股関節倒しで刺激を与える

左脚の太ももの上に右脚のくるぶしを置き、横に倒します。その状態から姿勢を正し、前屈するように身体を前に倒しましょう。気持ちよく股関節が刺激されます。15秒間キープし、反対側も同様に行います。

 

■5:つま先立ちでむくみ阻止

席を立つときにつま先立ちになりましょう。このとき、小指側ばかりに体重をかけず、親指側と小指側へ均等に体重をかけます。ゆらゆらと揺れないように、お腹と腰とお尻には、きゅっと力を入れておきます。

 

何もしないとどんな方でもむくみやすくなります。2~3時間に1度は行いたいので、オフィスにいる間も2~3回ほど行うのがいいですね。むくみ知らずの美脚を作りましょう。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】寝る前にこれだけで!「骨盤正して美脚ストレッチ」

今すぐヤメて!「下半身デブに直結」する電車でのNGな座り方

3つの運動だけ!ちょっとした体操で「内ももに隙間」ができる方法

むくみ・食べ過ぎ知らず!「飲み会翌朝もキレイな人」掟4つ

即やりたい!「生理前のむくみ」をスッキリ解消する5つの必勝法

 

【姉妹サイト】

※ 一発アウト!職場で「メンドクサイ人」判定されちゃう要注意な言動4つ

※ 歯科医が断言!虫歯は「奥歯とその手前の歯の間」が最も危ない