想像以上の恐怖!白髪にドカ食い…「睡眠不足が及ぼす」3つの危険

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「午後10時から翌2時がお肌のゴールデンタイム」という話を耳にしたことがある人は多いはず。睡眠と肌のコンディションには密接な関係があり、不足すると肌荒れやクマを招いてしまいます。

しかし、体への影響はそれだけではありません。睡眠不足が続くと太りやすく、髪がボロボロになることも……。

そこで今回は、睡眠不足が体に与える悪影響を3つご紹介します。

 

■1:肌の“修復機能”が弱まり、傷ついた肌がそのままに……

人は寝ている間に分泌される成長ホルモンによって、傷ついた細胞の修復が行われます。睡眠の質が落ちてホルモンの分泌量が低下すると、それらの活動が十分に行われなくなってしまいます。

肌のターンオーバーの周期も乱れることから、できてしまったシミが肌に残り続けたり、ニキビ跡が消えずに残り続けることも。どんなに高い化粧品を使っても、睡眠が不足すると肌は衰えがち。化粧品と同じくらい、睡眠も重要視したいところです。

 

■2:ドカ食いしやすく、太りやすくなる

寝ている間にも、脂肪の分解と代謝は行われます。睡眠が不足すると成長ホルモンの分泌が抑制されることから、脂肪の代謝がスムーズに行われず、痩せにくい体質に。

また、睡眠が不足することで食欲促進ホルモンのグレリンが増加し、ドカ食いに走りやすくなってしまいます。

さらに、睡眠が不足すると血行が悪くなり、むくみやすくもなってしまいます。むくみは見た目にもはれぼったく見えたり、放置するとセルライトになることも。痩せたい人は食事だけでなく、睡眠をしっかり取るよう意識することが大切です。

 

■3:白髪、抜け毛等のヘアトラブルを招きやすくなる

睡眠不足は、血行不良をも招きます。せっかく必要な栄養を摂取しても血行が悪いと、頭皮細胞の隅々まで栄養が運ばれません。そうなると頭皮のターンオーバーのリズムが乱れ、健康的な髪の育成ができなくなってしまいます。

また、血行不良をはじめ、頭皮環境が悪化すると、髪に色をつける“メラノサイト”が正常に働かなくなり、白髪の増加につながることも。傷んだ髪はメイクや洋服でカバーすることはできません。髪は見た目年齢を左右する重要なパーツだけに、睡眠をしっかり取って、健康的なツヤ髪をキープしてくださいね。

 

以上、睡眠不足がもたらす悪影響をご紹介しました。夜はぬるめのお湯に浸かってリラックスし、早めに布団に入ってしっかり睡眠を取ってくださいね。

 

【関連記事】

寒くて眠れない人多数!驚くほどスムーズに入眠できる簡単裏ワザ

おデブになっちゃう?睡眠不足が引き起こす「要注意な」脳の働き

顔の作りが将来変わっちゃう!? 睡眠不足が及ぼす恐ろしい影響

※ 働き女子は知っ得べき!米で話題「ジャーサラダ」がオシャレすぎ

※ 【動画あり】寝る前にこれだけで!「骨盤正して美脚ストレッチ」

 

【姉妹サイト】

※ オトナの対応で!「仕事関係者に好かれちゃった」ときの上手なかわし方

※ スイーツ党なママは注意!子どもの食の好みは「母乳」で決まると判明