マスクにシュッ!お湯には2滴…風邪予防は「アロマオイル」で

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロマオイルというと、マッサージやリラックスするときに使うもの、というイメージがあるかもしれません。

でも、自然界にある植物から抽出した、エッセンシャルオイル(精油)と呼ばれるものは、100%天然で純度も100%。そのため、古くから人々はさまざまな目的で生活にとりいれてきました。その中のひとつが、風邪の予防です。

風邪が流行する季節になってきました。今回は、オイル初心者でもできる、アロマオイルを使った風邪予防法についてご紹介しましょう。

 

風邪予防におすすめの精油は?

風邪を予防するには、抗菌作用のある精油がおすすめ。中でも、ユーカリやペパーミント、ティートリーなどが有名です。自分が好きな香りのものとミックスして使うこともできます。

 

アロマ足浴で温まる

特に寒い季節は、体の末端をよく温めてあげると、全身の血流がよくなり、風邪予防だけでなく冷え症予防にもなります。さらに、風邪のひきかけで体力が落ちているときも、便利なのがアロマ足浴。

大きめの洗面器などに温かいお湯をはって、そこに精油を2~3滴たらすだけ。足元を温めながらオイルの香りも一緒に楽しめて、リラックス効果もあります。

 

アロマスプレーでウィルス撃退

精油はそのまま使うことはできず、キャリアオイルと呼ばれるオイルで希釈しなければいけないため、初心者が使うにはちょっと面倒な点があります。

でも、アロマスプレーを自宅で手作りしておけば、いつでも気になるときにサッとかけられて便利。しかも携帯もできるため、バッグに入れて持ち歩くことや、オフィスのデスクに置いておくこともできます。

作り方は、遮光タイプのスプレー容器に無水エタノール30mlを入れ、そこに精油を5~10滴ほどたらしてよく混ぜます。その後に精製水を20~30ml加えたらできあがりです。マスクの内側に、このスプレーをしゅっとひと吹きかけるのもおすすめ。

 

アロマオイルうがいで予防する

ホホバオイル25ml程度に精油を1~2滴たらし、それでうがいをします。喉が痛いときは、アロマオイルがやさしく喉を保護してくれます。

オイルでのうがいに抵抗がある方は、温かいお湯にオイルを加えたものでうがいしてもOK。また、お湯を入れたコップか洗面器に精油を数滴たらし、その蒸気を鼻から吸い込むようにして、オイルの抗菌成分を吸収するという方法もできます。

 

ただのオイルといっても、その香りや成分の効能は計り知れません。ぜひ今年の風邪予防に取り入れてみては、いかがですか?

 

【関連記事】

ゼッタイ風邪はもらわない!新ルール「免疫力が高まる食事の仕方」

まるで媚薬!「彼を骨抜き・虜にする」ベッドで使うべきアロマ3つ

イガイガとコンコンでは違う!重症化を防ぐ「症状別」風邪対処法

※ 【動画あり】たった1つの動きでガッツリ効く!肩こり解消エクサ

道端ジェシカも実践!風邪をひかない体を作るクチュクチュ法とは

 

【姉妹サイト】

※ デスクで試してみて!「仕事の効率がぐんぐんアップする」呼吸法2つ

※ モテ男・三浦翔平が思わず見てしまう「女性のパーツ」は一体どこ!?