そう…抜いても増えない!「憎き白髪対策の豆知識」総おさらい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代後半から急増する悩みといえば、髪をかきあげたときやまとめたときにキラリと光る“白髪”問題。

白髪は、加齢やストレス、遺伝、病気、生活習慣などの何らかの原因によって、メラノサイトの働きが弱まり、髪に黒く色をつけるメラニン色素が作り出せなくなることで現れます。

しかし、このようなメカニズムがわかっていても、正しい予防と対策ができている方はあまり多くないようです。

そこで今回は、白髪を作らない・増やさないための対策をまとめてみました。

 

■白髪が増えやすい3つの時期に注意

生活環境や体調の変化によって、白髪が増えやすくなる要注意時期というものがあります。過去記事「次々見つかる白い毛に憂鬱…“白髪が増えやすい”要注意な時とは?」では、気になるその時期を紹介しています。

(1)環境が変わる時期

メラニン色素を作るメラノサイトは、ストレスに弱いという特徴があります。そのため、部署の異動や転職、引っ越しにより環境が変わる時期は、白髪が生えやすい要注意時期だといえます。

(2)ダイエット中

食事から摂取した栄養は、生命活動を維持するための器官から順に使われていきます。そのなかでも髪は優先順位が低く、栄養が十分に行き渡りにくいパーツ。ダイエット中の栄養不足は、白髪になるリスクが高まることを覚えておきましょう。

(3)出産後

出産後は、ホルモンの分泌が不安定になり、髪を生成するエストロゲンが弱まることから、白髪が増える傾向にあるといいます。

 

■白髪の予防には黒すりゴマとオリーブオイル

「白髪よ…さようなら!毎日続けられるたった3つの予防習慣とは」では、白髪を予防するのに役立つ食材を二つ紹介しています。

(1)黒すりゴマ

黒すりゴマに含まれるアントシアニンは、メラニン色素の形成を促進して、白髪を予防するのに役立ちます。ただし、普通の黒ゴマはオススメできません。それは、ゴマは硬い殻に覆われているので、胃酸に溶けずそのまま排泄されてしまうから。ゴマの栄養を効率よく摂取するためにも、黒すりゴマを選んでください。

(2)オリーブオイル

活性酸素は、白髪に悪影響を及ぼします。それを除去するビタミンEやオレイン酸、ポリフェノールなどの抗酸化成分が豊富に含まれているオリーブオイルは、白髪予防に効果的。普段使っている油をオリーブオイルに変えたり、ドレッシングにするなどして、日常的に取り入れるようにしましょう。

 

■白髪を見つけても絶対に抜かないこと

最後に、白髪を発見したときの対処法です。白髪を見つけると、つい抜いてしまいたくなりますが、実はこれはNG行為なのです。

「白髪を抜いたら増えるはウソ!でも抜いてはいけない一番の理由とは」によると、自然に抜け落ちる前の成長途中の毛を抜くと、毛根が傷ついてしまうのだそう。その結果、細くて弱い毛が生えてきたり、毛穴が変形してうねった毛が生えてきたりと、健康な髪の毛が生えてこなくなってしまうといいます。

また、薄毛の原因にもなるというので、絶対にやめましょう。

白髪を見つけたら、ハサミを使って根元から切る、マスカラタイプの白髪隠しを使うなどの方法で対処することをオススメします。

 

以上、白髪にまつわるさまざまな対策をお伝えしました。白髪は老いの象徴と諦める前に、上記の対策を試してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

急いで伸ばしたい人必見!「髪の成長を早める」超簡単な習慣6つ

※ 【動画あり】朝の3分で可能!夜まで「崩れない最強前髪」の作り方

 

【姉妹サイト】

※ 周囲にバレバレ!職場で「イタい女」認定されちゃうヤバすぎ言動3つ

※ 悩めるママ必見!子どもの好き嫌いがなくなるちょっとしたコツ5つ