働き女子は知っ得べき!米で話題「ジャーサラダ」がオシャレすぎ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

毎日遅くまで働く女性は、コンビニや外食率が高まりがち。外食が続くと太りやすく、栄養が偏ることで肌荒れしやすくなってしまいますよね。

しかし、帰宅後に作る時間も元気もない……。

そんな女性にご紹介したいのが、“ジャーサラダ”。誰にでも簡単に作れ、日持ちするので忙しい女性にピッタリ。

そこで今回は、知って得する“ジャーサラダ”についてご紹介します。

 

■アメリカでブームの“ジャーサラダ”は使い勝手抜群!

実はこのジャーサラダ、数年前にアメリカでブームとなった、作り置きできるサラダ。具材を切ってドレッシングと一緒にガラスのジャーに詰めるだけという、誰でも簡単に作れる手軽さが魅力です。冷蔵庫で4~5日程度日持ちするので、週末に作り置きすることもできます。

具材として使用されることが多い、パプリカやひよこ豆は栄養満点! パプリカは、ビタミンCが野菜の中でトップクラス。ひよこ豆は、高タンパクで食物繊維が多いのでダイエットにも最適!

ビタミンAやリコピンなど、不足しがちな栄養素を補えるトマトやにんじん、セロリなどをチョイスして加えるのもおすすめです。ドレッシングに今流行のココナッツオイルを使用すると、アンチエイジングや便秘解消、免疫力UPも期待できそう! 忙しい女性でも手軽に、美容と健康を手に入れられます。

 

■美容成分たっぷり! ココナッツオイルを使用したお手軽ジャーサラダ

それでは、ポータルサイト『レシピブログ』を運営するアイランドの広報担当・上野さんがおすすめする、料理家・勇気凛りんさんが公開したジャーサラダレシピをご紹介します。

【材料(1,500mlジャー1個分/5人分以上)】

(A)ドレッシング

・ココナッツオイル・・・大さじ3

・白ワインビネガー・・・大さじ4

・塩レモン・・・1スライス

・黒胡椒・・・適量

(B)具材

・パプリカ(黄・オレンジ)・・・各1個

・枝豆・・・1袋

・ひよこ豆・・・110g

・キドニービーンズ・・・120g

・オリーブ・・・10個

・大麦、キヌア、アマランサス・・・炊いたもの適量

【作り方】

(1) まずは、ドレッシングを作ります。塩レモンをみじん切りにして、(A)の材料を混ぜ合わせます。塩レモンの作り方をご存知ない方は、『美レンジャー』の過去記事「5分でできる!万能調味料”レモン塩”で料理の腕が2割増しに」を参考にしてみてください。

(2)次に、パプリカを小さく切り、ジャーの一番下に詰めます。

(3)茹でて鞘から出した枝豆、缶詰のひよこ豆、キドニービーンズを順に詰めていきましょう。

(4)オリーブは半分に切って詰めます。

(5)1のドレッシングを加え、炊いた雑穀をジャーの上まで詰めましょう。

(6)しばらく置き、パプリカがドレッシングに馴染んだ頃に、サラダボウルにあけて食べるのがベスト。

 

手軽に作れて日持ちもするジャーサラダで、ヘルシーでオシャレに、毎日の夕食を楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】フェイスライン・口元の表情筋を狙う「必殺小顔エクサ」

たった半分食べるだけで「カサカサ乾燥肌を撃退」できる魔法の食材

たったスプーン半分で「たるみ・クマ・シワ」に効く身近な食材とは

フルーツも要注意!朝食べると「シミができやすく」なる食べ物とは

 

【姉妹サイト】

※ コレがあるから頑張れる!働き女子が今から始める「趣味」の見つけ方

※ ハロウィンイベントでモテるには?男性ウケ1位の仮装は●●と判明

 

【取材協力】

※ 上野真紀子・・・アイランド株式会社にて広報を担当。日本最大級のお料理ブログのポータルサイト『レシピブログ』をはじめ、朝活に特化した女性向け情報サイト『朝時間.jp』などを通して、女性のキレイや生活の充実に向けて多角的に提案。

※ 勇気凛りん(岸田夕子)・・・シカゴ在住中の2006年から料理投稿サイトでレシピの公開を開始。書籍の出版、テレビ出演などを重ね、自身のアメブロオフィシャルブログ『勇気凛りん料理とお菓子 rinrepi』は、料理カテゴリでは常に上位に定着。現在はレシピブログ所属料理家として活動中。