誓います!もう焼き芋の皮はむきません…だって「美の宝庫」らしい

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

普段ゴミ扱いしていたモノが、実はものすごい価値を秘めていたら……? その代表格とも言えるのが、果物や野菜の“皮”の部分です。

さつまいもが旬を迎えるこの時期。スーパーなどでも安く手に入りますが、「ジャガイモほど使い道がなさそうだから、滅多に買わない」という方も多いのでは?

しかし、さつまいもは”準完全食品”と呼ばれるほど、栄養価が高いスーパーフード。さらに、丸ごと食べられるという意味を持つ“ホールフード”であり、美容効果が詰まった理想的な食材なのです。しかも、普段捨ててしまいがちな皮の部分にこそ、その栄養分は集中しているんですよ!

 

■さつまいもの皮がポイント

ここで、“焼きいもを食べるときは必ず皮をむく派”の方には、是非知っておいて頂きたい情報をご紹介。

ご存知のように、一般的なさつまいもの皮は、主に紫色をしています。その紫色の色素成分は、主にポリフェノールの一種であるアントシアニンです。

ポリフェノールは、植物が活性酸素、細菌、病原体、寄生生物、紫外線などの外敵から、わが身を守るための成分。つまり、この皮にこそ、たくさんの栄養があるのです。

 

■さつまいものアントシアニンはスゴイ!

そんなポリフェノールには強い抗酸化作用があり、アンチエイジングにも役立つことは有名ですよね。さらに、ポリフェノールは、自分自身を酸化させない・老けさせない効果も同時に持っています。

また、さつまいものアントシアニンについては、一般的なポリフェノール効果のほかに、”ストレスによりアントシアニンが蓄積される”という理論も存在しています。さつまいもは痩せた土地でも育つ、生命力の強い食物。つまり、ストレスを受けながら育つことで、アントシアニンを自らの中にたくさん蓄積させているのです。

アントシアニンに関する研究は、近年さらに進んでおり、さつまいもの中でも紫いものアントシアニンに関しては、紫外線を吸収する働きなども発表されています。

 

アントシアニンパワーが豊富なさつまいもの皮。これはもう、捨てられませんよね!  美容作用や目の健康維持など、様々な効果を持つアントシアニン。たくさん摂ろうと思ったら、サプリメントに手を伸ばしがちですが、是非今が旬であるさつまいも(の皮)から摂取してみてはいかがでしょうか?

 

【関連記事】

女性の5割以上が便秘!たった1日でスッキリさせる魔法の食材とは

8kg減&16年リバウンドなし!「さつまいも」のミラクル減量パワー

ガガ様13kgヤセ!知らなきゃ損の「ホールフードダイエット」とは

イメージと大違い!食べても脂肪が増えない「イモ」の隠れた魅力

※ 【動画あり】定規でチェック!無条件に美しい「黄金比」顔になる術

 

【姉妹サイト】

※ ハロウィンで使える!職場ウケする「すてきメッセージカード」作りのコツ

※ 鏡に未来の夫が映る!? 不思議で怖〜い「ハロウィンの伝説」5つ