いつも●●…は体の緊急サイン!「本格的おデブ直前」兆候3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

つい食べすぎた日や、甘いものの誘惑に負けたときは、「明日からダイエットしよう!」を言い訳していませんか? 簡単に取り返しがつく“軽症”のうちは問題ありませんが、それが積み重なって、徐々に体が重くなっていくと……、健康面にも悪影響を及ぼしかねません。

今回は、重症になる前に、”そろそろ本気でダイエットしないと”と、危険を知らせてくれる、体からのサインについてご紹介します。

 

■1:いつもお腹がすいている

きちんと自分の体重をコントロールできている人は、お腹が空いたときにしか食事を口にしません。一方、自分で自分の体重がわからなくなっているような人は、自分の空腹具合を無視して、朝・昼・夜という決まりきった時計だけを頼りに、「ご飯を食べなければいけない」と思い込んでいるところがあります。

そのため、一日中お腹がすいていると感じるようだったら危険信号。もしもそんな空腹を感じたら、こんにゃくやところてんなどのローカロリーなものを口に入れて、空腹をしのぐようにしましょう。

すると胃自体の大きさが小さくなっていき、やがて本当にお腹が空っぽのときしか、空腹を感じないようになっていくでしょう。

 

■2:いつも疲れている

体に余分な脂肪がつき始めると、歩く、階段を昇る、しゃがむといった日常の動作でも少しずつ億劫になっていき、少しでも動くと疲れやすくなっていきます。

また、きちんとした食事を摂らずに、ジャンクフードやお菓子ばかりを食べていても栄養が偏ってしまい、体が疲れやすくなります。

同じ年頃の人よりも、自分が疲れやすいと思ったらアウト。三食を栄養バランスよく、しっかり食べて、適度な運動を取り入れるような健康的な生活を送るようにすれば、自然と体重も落ちて、体力も回復してくるでしょう。

 

■3:いびきがひどい

夜寝ているときのいびきがひどく、質のよい眠りを取れていないと感じたらヤバイ信号。喉の奥や気道が脂肪で狭くなってしまい起こることが多く、いびきは、肥満のサインとも言われています。

「以前はいびきはかかなかったのに、最近かくようになった」「朝起きても寝ていないような気がする」と感じたときは、体重を落とした方が体にとっても安全です。

 

いつも「まだ大丈夫」と、自分に言い訳し続けていてはアブナイですよ。そんな体からのサインを逃さず、きちんと体重をセーブしていきたいですね。

 

【関連記事】

※ 1日マイナス800キロカロリー!?更に美容成分たっぷりの酵素ドリンクが凄い

憎き脂肪をガード!「食事前に●●を食べるだけ」驚きの減量効果

3ヵ月で10kg!食べてるのに「体重がみるみる落ちる」食事法とは

※ 【動画あり】フェイスライン・口元の表情筋を狙う「必殺小顔エクサ」

100日で驚異の25kg減!みるみる痩せる「公開ダイエット」とは

 

【姉妹サイト】

※ 短くても楽しめる!働く女性が「週末1泊で行ける」オススメ旅行スポット4つ

※ 松田翔太×前田敦子で衝撃小説「イニシエーション・ラブ」が実写化!