買うの待った!花嫁に悲報「●●な婚約指輪は離婚率高い」と判明

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「給料3ヵ月分」といわれた婚約指輪の金額は年々下降し、ある調査では、アメリカのカップルの婚約指輪の平均額は、おおよそ5,130ドル(約54万円)、日本では、おおよそ31.7万円ということが分かっています。

落胆した女性もいるかもしれませんね。しかし、高すぎない婚約指輪は、二人の今後の生活に浪費がないことを示し、幸せな結婚につながるという面もあります。

今回は、『COSMOPLITIAN』の記事から、婚約指輪と婚姻期間の関係についてお伝えします。

 

■高すぎる指輪は離婚率が高まる!?

エモリー大学のアンドリュー・M・フランシスさんらの「結婚にかかる費用と婚姻関係の期間に関する調査」によると、高すぎる結婚指輪は、後々離婚の可能性を高めることが判明しています。

調査では3,000人の結婚経験者を対象に、結婚にまつわる費用を算出。それによると、婚約指輪に2,000~4,000ドル(約21万~42万円)を費やした人達は、500~2,000ドル(約5.3万~21万円)ドルを費やした人より、1.3倍離婚率が高い結果となりました。

また一方では、値段が低ければよい訳でもなく、500ドル未満の指輪だった人も、高い離婚率につながっていることが明らかになっています。

 

■結婚費用と離婚率の関係

さらに調査では、結婚式に20,000ドル(約212万円)以上費やした女性は、5,000~10,000ドル(約53万~106万円)をかけた人たちよりも、離婚率が高いことが分かりました。

平均的なアメリカ人の結婚式の費用は、およそ30,000ドル(約318万円)。日本でも費用の平均は300万~350万円とされるので、ほとんどのカップルにとって悪いニュースといえるかもしれません。

ブライダル産業の成長とともに結婚式は豪華さを増していますが、本来は妥当な金額がよいということをこの調査は示しています。 

研究者は、「1959年の花嫁向けの雑誌では、結婚式の準備は2ヶ月、22のチェックリストがあれば十分でした。しかし、1990年代には、雑誌では結婚式の準備には12ヶ月が必要で、チェックリストは44にも増えています」とも述べています。

 

皆さんは、この調査結果をどのように感じますか? 研究から、結婚が長続きする秘訣も分かっています。それは、たくさんのゲストを呼ぶことと、新婚旅行の休暇を取ることなのだそう。結婚式を考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

 

【関連記事】

ソレ非常識ですよ!超やりがち「結婚式マナー」NGまとめ

ロマンティックなんて嘘!? 女性がキスで見極めていた驚きの事実

※ 【動画あり】フェイスライン・口元の表情筋を狙う「必殺小顔エクサ」

給料3か月分なんて夢のまた夢!女性がもらう婚約指輪の悲しい現実

美味しくってヤバイ!プロ考案「驚異の弱火調理法」がスゴすぎる

 

【姉妹サイト】

※ 評価アゲアゲ!忙しい時に職場のみんなが喜ぶ「ナイスな差し入れ」4つ

※ ドライアイにカサカサ肌…乾燥パーツ別「正解セルフケア」

 

【参考】

Expensive Engagement Rings Lead to Divorce – COSMOPOLITAN