え…やってたよ!カレの箸も止まる「NG食事マナー」まとめ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バラエティー番組やドラマなど、テレビ番組内で映し出される“食事シーン”。どんなにキレイな女優さんでも、食べ方に特徴や癖があると、ネット上ですぐに話題にあげられてしまう時代となりました。

しかし、これは女優さんのように人に見られる仕事をしている方だけに言えることではありません。あなたの友人や恋人も、ドン引きしているかもしれません。

そこで今回は、思わず箸が止まる“シーン別NG食事マナー”をまとめてみました。

 

■1:基本の食事マナー

「友達に紹介してもらえない…彼をドン引きさせるNG食習慣とは?」では、周りの人を不快にさせてしまう食べ方を9つあげています。代表的なものは、下記のとおり。心当たりがないかチェックしていきましょう。

(1)口いっぱいに食べ物を頬張る

(2)食べながら話す

(3)くちゃくちゃと音を立てて食べる

(4)テーブルに肘をついて食べる

(5)顔を食器に近付けて食べる

 

■2:和食のマナー

日本人に馴染みが深い和食なのですが、「実は、食べ方がわからない」というものは意外とありますよね。「間違い多発!“よく口にするのに知らない”あの和食の食べ方作法」では、箸の動かし方や刺身、焼き魚、冷や奴、天ぷらなどの比較的登場率が高い和食の食べ方を紹介しています。

刺身や天ぷらが出てきたら、味が淡白なものから食べるという基本のマナーを覚えておきましょう。

 

■3:鍋のマナー

みんなでワイワイと食べるだけに、ちょっとした行為で台無しになってしまうこともある“鍋”。 「反対をやってた?“その鍋食べたくない”と思われる鍋のNGマナー」にあるような下記の行動には注意しましょう。

(1)逆さ箸で取り分け

自分の手に触れていた部分で食材を取ることになるので、不衛生です。

(2)かき回す

鍋の中をグルグルとかき回すと、柔らかい具材が崩れたり、見栄えが悪くなります。

(3)周囲のペースを無視する

まだ器に残っているのに、無理に取り分けるといったことがないように、みんなの食べるペースを観察しましょう。

 

■4:アフタヌーンティーのマナー

英国貴族が育んだ紅茶とともに軽食やお菓子を食べる習慣“アフタヌーンティー”は、新しい女子会のスタイルとして人気を集めています。とはいっても、正しい作法がわからないから気後れしてしまうという方も少なくありません。

「新しい女子会スタイル!“アフタヌーンティー”の正しい楽しみ方」によると、アフタヌーンティーの作法は意外とシンプルなので、覚えておきましょう。

(1)紅茶

・テーブルと距離がある席の場合は、ソーサー(カップを置く食器)を左手で持ち、カップは右手で持つ。

(2)軽食

・ケーキスタンドの皿は外さない

・サンドイッチ、スコーン、ペストリーの順に食べる

・全員が食べ終わってから、次の皿にうつる

ケーキを上手に食べられないとお悩みの方は、「目からウロコ!美人に見える“ケーキのフィルム”のはがし方テク」で紹介している、形別のケーキの食べ方を参考にしてみてください。

 

以上、シーン別の食べ方のマナーをご紹介しました。周りの人を驚かせることがないように、覚えておきたいものですね。

 

【姉妹サイト】

※ うわっ何あの態度!? 無意識に「相手の信頼を損ねてる」ヤバい動作3つ

※ 日本にいても油断大敵!爆発的に広がる「エボラ出血熱」米英の現状