キツそう…って言わせない!たった一塗りで「モテふわ顔」テク3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

切れ長の目だったり、目鼻立ちがはっきりしている顔は、凛とした印象で魅力的。でも、ときにはキツイ人だと思われたり、強そうなイメージを与え、モテのチャンスを逃してしまうこともあるかもしれません。

大半の男性は、柔らかく優しい印象の女性に弱いもの。そこで今回は、ほんのちょっとの工夫でふんわり女子になれる、メイク術を3つご紹介します。

 

■1:眉毛の間隔をあける

左右の眉毛のあいだが狭いほど、キツイ印象になってしまいます。ふんわり顔になるには、眉毛の間隔をあけること! 目頭よりやや内側、鼻の頭の両サイドまでアイブロウを入れるのがトレンドですが、モテ顔になるためには流行は無視してしまいましょう。

細い眉毛も絶対NG! 基本の眉毛の書き方は、過去記事「“時代遅れ”眉毛卒業!古臭い眉をイマドキに見せるポイント5つ」を参考にしてみてください。

 

■2:アイブロウマスカラをつける

意外と使われていないアイブロウマスカラ。明るめのブラウンのアイブロウマスカラを使うことで、優しい印象を作ることができます。髪が暗めの方も、心配しないで。少しニュアンスを変えるだけなので、悪目立ちしません。

付け方は簡単。眉毛をブラシでとくように、毛並みに逆らってなじませるだけ。ブラシにしっかり液をつけ、肌につかないように、サッサッと手早くのせるのがポイントです。

 

■3:チークはビーンズ型に

顔の引き上げ効果を狙って、チークを上へ上へとなじませる人が多いですが、キツイ顔から脱したい人はやってはダメ。シャープな印象になるので、よりキツく見えてしまいます。

優しい顔になりたいのなら、ビーンズ型にチークをのせるのがおすすめ。一番濃くしたい頬のトップから始めて、にっこり顔の口を描くようにブラシを動かしましょう。

 

普段は凛としたメイクで、同性から支持されるのもよいですが、デートのときや彼に褒められたいときには、上記の3点を押さえてふんわりメイクに変えてみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】フェイスライン・口元の表情筋を狙う「必殺小顔エクサ」

これなら使える!秋冬に映える「濃いめリップ」お悩み解決テク

彼に「最高に可愛い」と思わせるためデート前日にやるべきこと5つ

急いでここだけ片付けろ!男が「汚部屋喪女」認定するポイント4つ

 

【姉妹サイト】

※ これで体のメリハリ維持!働く女性のための「体重増加を防ぐ」8つの習慣

※ 鏡に未来の夫が映る!? 不思議で怖〜い「ハロウィンの伝説」5つ