デキルもん!片付け苦手女子でも「どんどん不要物を捨てられる」技

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイク直しの時にチラッと見えるポーチの中や、デスク周り、部屋の中が散らかっていると「だらしのない人だなぁ」だという印象を与えてしまいます。そうとわかっていても、”時間がない””整理整頓が苦手”などの理由から、片付けはつい後回しにしてしまいがちなのでは?

これでは陰で、「片付けられない喪女(もじょ:モテない女)」と、噂されてしまっていても仕方がありません。

そこで今回は、『美レンジャー』の過去記事から、捨て時がわからないものを簡単にジャッジする方法をまとめてみました。片付け苦手女子、必見ですよ!

 

■1:変形・くたびれが下着の捨て時

「恋愛運が急上昇!? 下着のチョイスに取り入れたい開運カラー」では、下着の捨て時をご紹介しています。下着は、肌に直接触れるものなので、形や生地の状態には気を付けたいところ。下記の項目に当てはまるものは、潔く処分しましょう。

(1)ブラジャー

・ワイヤーが変形している

・カップにシワやへこみがある

・ストラップがずり落ちる

・見た目がくたびれている

(2)ショーツ

・ゴムが伸びている

・生地が傷んでいる

・毛玉ができている

 

■2:似たような洋服は、着用頻度と傷み具合でジャッジ

「”いつか着るかも”でたまった服をジャカスカ捨てる極意5つ」によると、私たちは、着まわしやすい色の洋服や好きなデザインの洋服を集めやすい傾向にあることがわかります。そのため、色や形は違うけれど、”何だか同じようなものばかり”に見えてしまうのです。

着る頻度の少ないものは処分して、差し色やアクセントになるアイテムを取り入れれば、オシャレの幅が広がりますよ。

「これ、まだ着られるんじゃない?」と迷った時は、「潔く処分して!クローゼットに眠り続ける”服の捨て時”ジャッジ法」にある、”アイテム別の捨て時ジャッジ法”を参考に分別することをオススメします。

 

■3:メイクアイテムの消費期限は●●

メイクアイテムは、1シーズンで使い切れないものがほとんどなのではないでしょうか。だからといって、いつ開封したのかわからないものを長期間使い続けるのは、肌荒れ・トラブルの原因になるので要注意! 「そのネバネバ…アウト!一瞬でジャッジ”コスメの捨て時”ボーダー」を参考に、次のような状態になっているメイクアイテムは、今すぐ使用を中止しましょう。

(1)リキッドファンデーション・・・沈殿物や分離、悪臭がある

(2)パウダーファンデーション、チーク・・・表面が皮脂で固まっている

(3)アイシャドウ・・・半年~1年

(4)アイライナー、マスカラ・・・1~3ヶ月

(5)口紅、リップグロス・・・伸びが悪い、ネバネバしている

 

いかがでしたか? これなら、一目瞭然で捨てるべきものがわかるのではないでしょうか。”片付けられない喪女”の汚名を払拭するためにも、週末は不用品の整理をしてみませんか。

 

【関連記事】

着膨れダサ子にならない!秋冬・定番アウター「失敗しない」選び方

 

【姉妹サイト】

※ なんと1番人気は●型!職場の小ネタに最適な「モテる血液型」ランキング

※ 超速報!2015年春の花粉飛散量はなんと今年より●倍増になる模様