痩せ体質になる!食事で「痩せる酵素」を効率的に摂る方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつまでもスリムでいるには酵素が欠かせないということをみなさんもうご存じですよね。腸を健やかに保つのも、美肌にも、そしてお腹周りにお肉をつけないのにもすべて酵素が関わっているのです。

酵素とは炭水化物やたんぱく質、脂肪を分解して消化吸収しやすくするために使われるものです。消化吸収や身体の代謝に使われ、その種類は数千種類ともいわれています。

近年ではこの酵素を無駄使いせず、摂った酵素を増やすことが、ボディキープの一番のポイントだといわれています。

具体的には酵素を摂ることで以下のような効果があると言われています。

・太りにくくなる

・便秘を防ぐ

・美肌になる

・若々しくなる

・身体がイキイキする

・生活習慣病の予防

そこで今回は秋冬の太りやすい季節に効率的な酵素の摂り方をご紹介いたします。食事の際はできるだけ酵素を減らさないように気をつけましょう!

 

■1: 人工的な食品を摂らない

化学調味料や食品添加物、精製された砂糖や人工甘味料は消化する際、添加物に含まれた化学物質を解毒するために酵素を大量に消費してしまいます。

せっかく生野菜をとってもドレッシングに含まれた添加物で酵素が消費されてしまうということも。

 

■2: ローフードを食べる

酵素はあらゆる食べ物にもともと含まれていますが、熱を通すことで失われてしまいます。ですから、できるだけ生か生に近い状態で摂っていけば自然と酵素の量が増えるのです。 

 

■3:植物性食品を多めに

肉類は腸内で消化する時に、大量の消化酵素を消耗します。よくいわれるように肉類と一緒に食べたいのが野菜。付け合わせ程度ではなく肉の量より6~8倍多い野菜の摂取を心がけましょう。 

 

■4:加熱していない物から先に食べる

生の食べ物は食事の最初に摂ります。そうすることでビタミンや食物繊維などの栄養素と一緒に酵素を身体のすみずみへ届けることができます。 

 

■5:良質な調味料を摂る

酵素は生の野菜だけでなく発酵した食品にも含まれています。昔ながらの製法で作られた味噌や麹には酵素も豊富。上質な調味料に含まれる栄養素が腸本来の働きを高め、栄養の吸収も高めてくれます。 

 

■6:一口30~40回は咀嚼する

消化するのに酵素が使われてしまわないように、楽に消化ができるようにすると酵素の節約になります。早食いや大食いはもちろんNG。噛むことで胃の消化が楽になり、唾液の分泌も活発になります。 

 

■7:酵素ドリンクなどを活用する

効率よく酵素を補給するには酵素ドリンクなどを活用してもOK。身体に必要な酵素が補われるので置き換えダイエットとしても満足感があり辛くないのが特徴です。品質や素材などをよく確かめて選びましょう。 

 

■8:すりおろして食べる

そのままで食べるより、すりおろしたほうが酵素が格段にアップします。すりおろす工程で食材の細胞が壊れ、細胞の中にあった酵素をもより多く摂取できるからです。大根おろしやすりりんごのほか、玉ねぎやキュウリのすりおろしなど。ただし、ミキサーでは高速すぎて細胞が破壊されてしまうため、あくまでもおろし金ですりおろすことが大事です。

 

酵素はもともと体内にあるものですが、年齢とともに減っていき代謝が悪くなっていきます。ぜひ酵素を減らさないコツを身につけてスリムをキープしてくださいね!

 

【関連記事】

※ 1日マイナス800キロカロリー!?更に美容成分たっぷりの酵素ドリンクが凄い