まさか枝豆&●●も!栄養素を台無しにする「NG食べ合わせ」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

互いが持つ栄養素の効果を、2倍にも3倍にも高めるのが”相乗効果”。反対に、互いの栄養素を失わせたり、悪く作用させてしまう”相殺効果”というものがあることをご存知ですか? 

これはつまり、いくら体に良さそうだからと言って、何でもかんでも一緒に食べればいいというわけではないことを意味しています。

そこで今回は、”相殺効果を持つ”代表的な食べ合わせを3つご紹介していきたいと思います。

 

■1:ほうれん草+ゆで卵

卵の卵白に含まれるアミノ酸の”シスチン”は、加熱により硫黄成分を生成します。この硫黄成分は、ほうれん草に含まれる鉄分の吸収を妨げてしまうので、要注意。

しかし、卵には、鉄分の吸収を助けるタンパク質とビタミンCも含まれています。ほうれん草と卵を一緒に食べたいときは、卵を固ゆでにするのではなく、スクランブルエッグや半熟の状態に調理することをオススメします。

 

■2:枝豆+チーズ

枝豆に含まれる”フィチン酸”は、満腹中枢に働きかけるため、食欲を抑える効果が期待できます。

ですが、チーズと組み合わせることで、チーズに含まれるカルシウムの吸収を阻害してしまいます。カルシウムの摂取を目的としてチーズを食べるときは、枝豆との食べ合わせを避けましょう。

 

■3:大根+しらす

あっさりとしていて、お酒のつまみにもピッタリなしらす大根。しらす干しには、体の成長に関係があるアミノ酸の一種”リジン”が含まれているのですが、大根の成分がこのリジンの吸収を妨げてしまいます。

リジンを阻害する成分は熱や酸に弱いので、加熱したり、酢をかけることで、問題は解決します。

 

以上、食材の栄養素を失わせる食べ合わせについてお伝えしました。自分が食べるときだけではなく、家族や恋人に料理を振る舞うときにも注意したいものですね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

むくみ・食べ過ぎ知らず!「飲み会翌朝もキレイな人」掟4つ

カロリー控えめで美味しい「女子がスタバで飲むべき」ドリンク4選

3週間で驚異の3kg減!スルリと痩せる「成功者続出」ダイエット

彼氏に「こりゃひでぇ!」と言われない野菜の下ごしらえ基本のき

 

【姉妹サイト】

※ 忙しい朝でもこれならできる!簡単時短の「秋のお弁当」メニュー3選

※ 簡単で称賛の的!今年の鍋パーティは「大根おろしアート」がアツイ