モテない!5歳老けて見える「パサパサ髪を招く」NG行為4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蓄積された夏のダメージが、ドッと現れるのがこの時期。お肌だけでなく、そのダメージは髪の毛にも現れます。「ヤバーい、髪が超傷んでる」と嘆いて終わり、の女性もいますが、実はパサパサの髪は、5歳以上も老けて見えるんです。

これでは、すてきな出会いも遠のきますよね。

そこで今回は、多くの女性がやりがちな、パサパサ髪を引き起こすNGヘアケア習慣を4つご紹介します。

 

■モテないし老けて見える! 髪の傷みは想像以上にいいことなし

『美レンジャー』の過去記事、「体型だけじゃなかった!後姿年齢を+5.7歳にするオバ老け髪の恐怖」でご紹介したように、髪の毛が傷んでいると平均5.7歳は老けて見られるということも分かっています。

また、別の過去記事、「脳科学者が断言!「髪質美人」最もモテると判明」では、男性は髪の毛が傷んでいる女性を“不健康”と見なし、無意識的に選ばない習性があることも分かっています。

髪の毛の傷みを放置すると、老けて見られ、モテなくなる可能性も。髪がパサついていると想像以上に損をしてしまうようですね。

 

■髪のパサつきを加速させるNGヘアケア習慣4つ

以下4つは髪の傷みを招くので、特に注意したいところです。

(1)髪の毛をタオルでゴシゴシ

濡れているときの髪は、キューティクルが開いていて外部刺激を受けやすい状態。そんなときにタオルでゴシゴシと擦るとキューティクルが傷み、髪の水分を保てなくなってしまいます。お風呂上がりは、タオルで髪の毛をはさみ、水分を吸い取るように行うとよいです。

(2)髪が半乾きのまま寝る、出かける

上記でご紹介したとおり、髪の毛のキューティクルと潤いを守るには、髪が濡れている時間を極力短くすることがポイント。半乾きではなく、しっかりと乾かしましょう。

(3)半乾きの状態で髪の毛を巻く

半乾きの状態や、あえて髪の毛をスプレーなどでしめらせてから髪の毛を巻くという人もいますが、これは絶対にNG。しっかり乾かしてから巻くようにしましょう。また、半乾きだとカールのクセがつきにくいので、仕上がりの面からもしっかり乾かすのがおすすめです。

(4)屋外レジャーで紫外線対策をしない

夏が終わったからといって、紫外線対策をしないのはNG! ランニング・ゴルフといったスポーツやBBQなどで長時間外にいるときは、帽子をかぶるなどの対策が必要です。

 

■トリートメントは“コーミング”で効果UP

傷んだ髪は、トリートメントでのケアがおすすめ。髪にトリートメントをなじませたら、コームでとかします。この美容師の方が行う“コーミング”を取り入れることで、トリートメントが髪一本一本にまんべんなく吸着し、効果が高まります。

 

毎日のヘアケアでツヤ髪を取り戻し、見た目年齢-5歳を目指してみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

男性からモテる!美容師が語る「輝くツヤ髪」を作る6つのルール

※ 【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

知らないと手遅れになる!「白髪がどんどん増える」NG習慣5つ

 

【姉妹サイト】

※ 誰でもすぐできる!忙しい日々を健康に過ごすちょっとした工夫4つ

※ アレを「クチュクチュするだけ」で歯が白くなる話題のテクとは?