数kcalを笑うな!階段昇りには「ジョギング並みの運動効果」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

stair

ダイエットを始めるときに「エスカレーターではなく階段を使いましょう」とよく言われますが、階段を1階分昇ったったところで、消費されるのはほんの数kcal。

でも、実はその数kcalに、数字以上のものすごいダイエット効果があるということを知っている人は少ないと思います。

今回は、階段の昇り降りで得られる、意外な効果についてご紹介しましょう。

 

階段昇りで消費するカロリーは?

階段を昇ったときの消費カロリーは、体重50kgの人で、10段で約1kcal。ビルによって1フロアが何段あるか異なりますが、オフィスビルなら1階分で15~20段といったところ。つまり、フロア3階分を階段で昇ったとしても、それで消費されるカロリーは、わずか5~6kcalにすぎません。

さらに階段は、降りるときよりも昇るときの方が消費カロリーが高く、降りるときは、昇りの約半分にしかなりません。「これしかカロリーがないならエレベーターに乗ったっていいじゃない」と思った方は、ちょっと待って! 

実はこの階段昇りには、軽いジョギングと同程度の運動効果があるのです。

 

ジョギング以上の運動強度

体重や身長に関係なく“静かに座っている状態”を基準に、どのくらいの運動強度があるかを表す‟METs(メッツ)”。このメッツで表すと、階段を早く昇る行為は8.8メッツ、ジョギングは6.0~7.0メッツと、階段昇りの方が、ジョギングよりも運動強度が高いのです。ちなみに、階段を降りる運動は3.5メッツになります。

一度に階段昇りを10分も15分も続けるのはキツイですが、駅の階段、オフィスの階段、自宅がマンションならそこでも昇り降りを取り入れれば、一日でトータルとして、10~15分ほどの階段を昇り降りしていることになるでしょう。

つまり、エレベーターではなく階段を使うようにすることで、自然と毎日10分ほどのジョギングをしているのと同じ運動効果が得られるというわけです。

 

プラスα効果とは?

また、階段を使うようにすることで得られるうれしいダブル効果が、基礎代謝のアップです。人は脂肪よりも筋肉がたくさんある方が、基礎代謝が高くなります。階段の昇り降りを毎日続けると、太ももの前面の筋肉が鍛えられ、基礎代謝が上がり、より痩せやすい体質になっていくでしょう。

太ももの筋肉といっても、ジムで行うような本格的なトレーニングをするわけではなく、一日10分程度の運動ですから、脚が筋肉でムキムキになることを心配する必要はありません。

 

たかが階段。でも、こんなに運動効果があると知ったら、これから毎日階段を使わずにはいられませんね。

 

【関連記事】

※ -20キロ!? 痩せるだけじゃない美容成分たっぷりの酵素ドリンクが凄すぎる

カロリーは時代遅れ…知らないと怠け女子確定の「メッツ」とは?

3つの運動だけ!ちょっとした体操で「内ももに隙間」ができる方法

※ 【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

ぽよ~んとたるんだ二の腕を引き締める「簡単すぎる運動」とは?

 

【姉妹サイト】

※ キラキラ女子の73%が!キレイでも便秘がちな「汚腸婦人」急増中

※ こっそり暴露!スリムな同僚が「絶対あなたに教えない」食生活の秘密

 

【参考】

身体活動のメッツ(METs)表 – 国立健康・栄養研究所