実は今が一番危ない!「食中毒は梅雨より秋冬に多発」の意外理由

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

食中毒と聞くと、梅雨時や夏場と思っていませんか? でも、実は9月、10月も食中毒が多く発生する季節なのです。

夏までは食虫毒にならないように気をつけていても、今の季節はつい気を抜きがちですよね。

今回は、なぜ秋に食中毒が多いのか、その理由と予防法についてご紹介しましょう。

 

なぜ秋に食中毒が多いの?

農林水産省が発表している食中毒の月別発生件数を見ると、9月と10月は1年の中でも件数が多く、寒い季節の方が、夏よりも食中毒が多いことがわかります。

昔は冬には食中毒は少なかったといいますが、暖房が当たり前になり、寒い季節でも暖かな室内では、食中毒の原因となる細菌がどんどん増えてしまうことから、このような傾向になっていったと考えられます。

また、キノコや牡蠣、フグなど毒素が含まれる食材を食べる機会が増えたり、さらに運動会や行楽シーズンで野外で食事をすることも多くあるため、秋冬は、食中毒の発生が増えているのです。

 

秋の食中毒予防にできることは?

基本は、梅雨や夏に気をつける食中毒対策と同じです。秋といえども日中は気温が高くなる日もあるため、油断して料理を冷蔵庫に入れず外に出しっぱなしにしないこと。危ないかなと思ったものには火を通す、調理器具や食器はしっかり洗って、清潔な状態を保つようにしましょう。

キノコやフグは素人判断で、山や海で採れたものを簡単に口にしないこと。生牡蠣などの2枚貝は、購入時に消費期限をしっかりチェックして、新鮮なものを購入するように気をつけましょう。

また今の季節は、夏バテで弱っていた体がまだ完全に元気になっていないため、細菌やウィルスへの抵抗が落ちていることも考えられます。落ちていた免疫力を高めるために、適度な睡眠と運動、ストレス発散を心がけるとよいでしょう。

 

せっかく食べ物が美味しい季節になったのに、食中毒にあたってしまったら残念すぎます。ぜひ油断せずに気をつけて、“味覚の秋”を満喫したいですね。

 

【関連記事】

食中毒の原因は「つけ置き洗い」かも?実はNGな衛生対策

「隠れ食中毒」に要注意!実は台所のふきんは雑菌だらけ!?

アラサーは要注意!秋に「ガクッと老けちゃう」ヤバイ女性の特徴

※ 【動画あり】華奢な二の腕になる!「ねじれ解消ストレッチ」

「さつまいもvs.かぼちゃ」美容と健康にいい秋の味覚はどっち?

 

【姉妹サイト】

※ 衝撃!ウエストサイズが1つ上がると「乳がんリスク」が33%増と判明

※ 大事なプレゼン前は避けて!食べ過ぎると「むくみ」を引き起こす食品4つ

 

【参考】

※ 食中毒から身を守るには – 農林水産省