体は何で洗う?パリっ子の半数は「お肌に優しいアレ」…3都市調査

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本人は昔からお風呂が大好きで、特に高い湯温での入浴を好むと言われています。日本人にとって身体を洗うだけでなく、一日の疲れを癒すのに欠かせないお風呂。

しかし、海外ではシャワーのみで済ませ、浴槽は、身体を洗う場所という国が多いようです。

そこで今回は、ジョンソン・エンド・ジョンソンが、東京、ニューヨーク(以下NY)、パリの20~30代の働く女性各100名、計300名を対象に行った、「バスタイムとボディケアの実態調査」から、世界のバスタイム事情とともに、すべすべお肌をキープするためのバスタイムの過ごし方についてご紹介いたします。

 

■バスタイムはリラックス&美容の時間

上記の調査で、「バスタイムはどのような意味がありますか?」の問いに対して、東京とNYでは、1位が「体を清潔に保つため」2位「リラックス・癒しのため」また、パリでは、1位「リラックス・癒しのため」となりました。

3都市共通して、バスタイムは、洗浄に加え、リラックス・リフレッシュ目的、美容の時間としての意味も持つという結果になっています。

 

■バスタイム後の保湿の意識が最も低いのは東京!

また、同調査で、「バスタイム後(入浴後)にボディの保湿ケアをしていますか?」と伺ったところ、頻度を問わず、「ボディの保湿ケアをしている」と答えた人は、東京で75.9%、NYで85.6%、パリで84.7%と3都市ともに、高い実施率となりました。

しかし、「していない」という回答は、東京女性が24.0%と最も多く、バスタイム中と同様、バスタイム後のボディの保湿の意識がNY・パリと比較すると、まだまだ低い結果となりました。

 

■パリ式・ボディケアは“手”洗いが常識!?

「体を洗う際、何を主に使っていますか?」の問いに対しては、3都市とも、手が増加しており、特にパリでは51.0%と圧倒的に多い結果となりました。また、NYでも1位が、パリ同様「手」、2位は「綿のタオル・手ぬぐい/ヘチマ」という結果になり、肌のために素材まで気遣う傾向が見られました。

一方、東京では1位「ナイロン製のタオル」となったものの、2位は「手」となり、NYのポイントを上回る結果となりました。2012年に実施したボディケア実態調査と比較しても、手で洗う人は6.8ポイントも増加しており、東京の女性もボディを手で洗うことに注目しているようです。

 

■こすり過ぎはNG! 正しいバスタイムの過ごし方

上記の調査で、東京の女性は”こすりすぎない”ことを重視している傾向があることが分かったのですが、実際は”洗った気がする”とゴシゴシ洗いをしていませんか。ここでは、すべすべお肌をキープするためのバスタイムの過ごし方を3つご紹介します。

(1)ナイロンタオルはできるだけ避ける

温泉などに出かけると、未だナイロンタオルでゴシゴシと身体を洗っている人を見かけます。ナイロンタオルでのゴシゴシ洗いはお肌表面を傷つけ、バリア機能が低下すると言われています。

前述のパリ式の“手”を使って洗うのもお勧めですが、「それでは洗った気がしない」と不安な方は、手拭いがお勧め。優しい肌あたりでお肌を傷つけにくく、洗い上がりもさっぱりです。

(2)ややぬるめの湯船に浸かる

「疲れているし、身体が綺麗になればいいか」とシャワーで済ます人も多いかと思いますが、湯船に浸かれば短い時間でも身体が温まるのを実感できるはず。熱いお風呂が好きという人も多いと思いますが、39度程度のややぬるめのお湯がお勧め。

副交感神経が刺激されて、リラックスできます。忙しくてお湯がたまるまで待てないという方は、大きめな洗面器にお湯を張って、足浴でもOK。足先を温めるだけでも、全身の血行が良くなり、末端冷え性の緩和にもつながります。

(3)長湯はしない

お風呂でゆっくり半身浴を楽しんでいる人も多いかと思いますが、長ければ効果があるわけではありません。20分以上湯船に浸かっていると、お肌に備わっている保湿のための成分が流れてしまう可能性が! 

20分程度の入浴の間、ボーっとするのも良いですが、お腹周りを優しくマッサージすると、内臓機能のバランスを整え、便秘や生理痛対策にもなります。短い時間を有効に活用してください。

 

お風呂時間は、代謝UPにもつながる大切な時間です。すべすべお肌のためにもひと役買ってくれるバスタイムを改めて見直してみてはいかがでしょうか。冷えた身体を温めて、気持ちもリフレッシュさせましょう。

 

【関連記事】

※ おでこのシワをバスタイムに消す「シワ取りシャンプー」って何?

※ 意外なテクが満載!バスタイムでできる「ちょい足し美容法」5つ

※ スマホで視力ダウンした人必見!簡単すぎる「お風呂で疲れ目ケア」

※ お風呂タイムを有効活用!「入浴40分ながら美容法」で美女に変身

※ 【動画あり】定規でチェック!無条件に美しい「黄金比」顔になる術

 

【姉妹サイト】

※ ここなら行ける!女性ひとりでも「休日を楽しく過ごせる」おでかけプラン3つ

※ 「カールじいさん」監督によるピクサー最新作が来夏公開決定!

 

【参考】

バスタイムとボディケアの実態調査 – ジョンソン・エンド・ジョンソン