9割の女性が悩む肌トラブル…「皮膚を守った洗浄」が美肌のカギ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

季節の変わり目で、お肌の調子が悪くなる時期ですが、お肌の守り方を正しくできていますか? 今回、『ミノン』が開催する“皮膚を守る保湿洗浄”についてのセミナーに参加し、お話を伺ってきました。

 

■9割の女性が感じている、肌のトラブルとは

9割の女性が、かゆみに悩まされているのですが、これは敏感・乾燥トラブルの増悪の引き金であり、バリア機能低下が深刻になり始めているサイン。知らず知らずのうちに行っている悪習慣が角層を損傷し、バリア機能を低下させているのです。

 

■角層を損傷させる行為3つ

バリア機能を守るためには、以下の3つの“ぱなし”を行わないように日頃から気を付ける必要があります。

(1)汚れっぱなし

汚れは大きく分けて2つあり、汗や皮脂、常在細菌などの内因性の汚れと、環境因子や化粧品などの外因性の汚れです。これらを放置していると、バリア機能低下に繋がってしまいます。

(2)濡れっぱなし

手指や足指は1本ずつ丁寧に、顎の下、乳房下なども忘れずに、乾いた布やティッシュでしっかり拭き取りましょう。濡れているおしぼりやローションマスクなどは、お肌が荒れる原因になりかねないので要注意です。

(3)こすれっぱなし

スキンケアのクリームを、お肌にすり込むように行うことがよいと勘違いしている人が多くいますが、それは大きな間違い。クリームや軟膏はお肌を保護するためのものなので、お肌に負担をかけないよう、そっと伸ばすように塗りましょう。また、静電気を起こしてしまう下着や衣類は、お肌が過敏になってしまい、敏感肌になる原因にもなります。優しいものを選ぶようにしてください。

 

■洗い過ぎに注意!

1日に2〜3回お風呂に入る方がいますが、洗い過ぎは逆に細菌数を上げてしまったり、乾燥肌・敏感肌の原因にもなり、おすすめできません。『ミノン』は、赤ちゃんからご年配の方まで洗うことができるほどお肌にやさしく、低刺激であるので、バリア機能が低下した敏感肌・乾燥肌にも安心して使うことができます。

また、入浴後15分が一番皮膚が乾燥する時間です。しっかりスキンケアを行うことが角質ケアになるので、15分以内に行うようにしましょう。

 

お肌は、ストレスを感じたらトラブルを起こし、まるで心の鏡のように現れますよね。人生100年と言われている現代、美しいお肌を保っていくためには、いかにお肌への負担をかけないよう心がけていくことが大切です。

 

【参考】

ミノン – 第一三共ヘルスケア株式会社