なぜか痩せない人必見!「ダイエットを無意味にする」ダメ行動6つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットしてるのに、何故かなかなか痩せない……。こんな悩みを持つ女性は、ひょっとすると知らない間に、“ダイエットを台無しにする習慣”を実践している可能性が。

さらに、その習慣を続けていると、痩せにくく、太りやすい体質になってしまうことがあるんです。

そこで今回は、ダイエット中に控えたい6つの習慣をご紹介します。

 

■1:朝食を食べない

一食抜くと長時間空腹となり、体は飢餓状態だと思い込みます。その結果、次に食べた食事で、必要以上に脂肪をたっぷり溜め込もうとするので、太りやすくなってしまうのです。

また、体温・代謝が上がりにくくなるため、さらに太りやすくなってしまいます。

 

■2:空腹を我慢しすぎる

長時間の飢餓状態を避けるため、我慢しすぎずに何かお腹に入れることも大切です。スープやドライフルーツを少しつまむのがおすすめ。ドライフルーツの果糖は、砂糖などの糖質よりも分解されるのに時間がかかり、腹持ちがよいとされています。

 

■3:極端な食事制限による栄養不足

栄養が不足すると、筋肉が減ってしまいます。筋肉が減ると代謝がグンと落ちるので、痩せにくく、太りやすくなってしまいます。炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素に加え、筋肉や骨の強さを維持するミネラルを摂るのがポイントです。

 

■4:食事はお米から食べ始める

空腹時にいきなりお米をはじめとした炭水化物を食べると、血糖値が急激に上がり、体に脂肪を溜めやすくなってしまいます。食事のときは、サラダなどの野菜から食べ始めると、血糖値の上昇がゆるやかになるのでおすすめ。

また、食物繊維を含むものを先に食べることで、後に食べる脂肪の吸収を抑えることもできます。

 

■5:お酒をたくさん飲む

お酒のカロリーは、食べ物から摂取したカロリーよりも優先的に消費されるので、体に蓄積されにくいと言われています。しかし、糖類が多いお酒を飲みすぎたり、おつまみをたくさん食べることでカロリー消費が追いつかず、その結果、余ったカロリーは体に蓄積されてしまいます。お酒の飲みすぎは注意が必要です。

 

■6:睡眠不足

睡眠が不足すると、食欲促進ホルモンの“グレリン”が増加し、どか食いに走りやすくなってしまいます。

また、寝ている間の成長ホルモンが十分に分泌されなくなることから、傷ついた肌細胞の修復もされにくくなってしまいます。ダイエット、美容には、睡眠は欠かせません。

 

以上、ダイエット中は、控えたい習慣をご紹介しました。思い当たるものがあった人は、今日から意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】定規でチェック!無条件に美しい「黄金比」顔になる術

※ -20キロ!? 痩せるだけじゃない美容成分たっぷりの酵素ドリンクが凄すぎる

食べ方にコツあり!「カロリー過多」のイタリアンで太らない裏ワザ

たったこれだけ!? 痩せてないのに「小顔に見せる」秘密のテク5つ

神が与えた食物!? 一日一粒で「痩せ体質になる」とっておきの果物

 

【姉妹サイト】

※ 新米の季節到来!お米屋さん直伝「ごはんが劇的においしくなる」コツ

※ 気まずくない! オフィス内での上手な「すれ違いざま対応」のテク4つ