着膨れダサ子にならない!秋冬・定番アウター「失敗しない」選び方

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

そろそろカーディガンやジャケットなどのアウターが、必要な気候になってきました。「今年は新しい一枚を投入したい」とショッピングの計画を立てている方も多いのでは?

しかし、意気込んでショッピングをし、定番アウターを選んだはずなのに、何故かダサくなってしまったことってありませんか。

そこで今回は、失敗しない定番アウターの選び方のコツをズバリお教えいたします。

 

■1:トレンチコート

トレンチコートといっても、色や形は様々。キレイめファッションの日にも、カジュアルファッションの日にも合わせやすいことから、一枚持っていると重宝しますよね。そんなトレンチコートを選ぶ時は、下記のポイントを参考にしましょう。

(1)オンオフのどちらも着まわせるベージュがオススメ。

(2)長すぎも短すぎもNG。パンツ、スカートのどちらにも合わせやすい膝丈を選ぶ。

(3)必ず試着をして、シルエットを確認する。探偵風、サラリーマン風に見えない華奢なラインのものを選ぶ。

 

■2:黒ジャケット

きちんと感を出したい時に使える黒ジャケットは、スッキリと着られる一つボタンのものがオススメ。丈は腰下のやや長めで、肩がこらない、薄くて軽い素材を選ぶと良いでしょう。

 

■3:ノーカラージャケット

一歩間違えると、PTAのお母さん風になってしまうのが、ノーカラージャケット。購入する時は、下記のポイントを押さえておきましょう。

(1)肩に丸みのあるもの。

(2)コンパクト丈で、スタイルを良く見せてくれるもの。(パンツ、スカートのどちらにも合わせやすいウエスト丈がベスト)

 

■4:ダウンベスト

カジュアルスタイルが好きな方が注目している秋冬アイテムといったら、ダウンベストなのではないでしょうか。

ダウンベストは、着膨れしない細身のシルエットのものを選びましょう。マットな質感、シンプルなデザインなら、大人っぽくキレイめに着こなすことができるので、「カジュアルすぎた……」という失敗を防げます。

 

■5:ビジューボタン付きカーディガン

キラキラとしたビジューボタンが可愛いカーディガンは、着まわしやすいクルーネックのものを選ぶと良いでしょう。編み目が細かいハイゲージのものなら、ビジューをより目立たせることができます。

とはいっても、ビジューがキラキラと悪目立ちするものは、安っぽく見えるのでNGです。

 

定番アイテムだからこそ、ラインやシルエットにはこだわりたいですよね。アウターを買い足す前の参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

潔く処分して!クローゼットに眠り続ける「服の捨て時」ジャッジ法

逆効果!「美容室でのカラーリング」前に絶対やってはいけないこと

【動画あり】定規でチェック!無条件に美しい「黄金比」顔になる術

道端ジェシカも実践!風邪をひかない体を作るクチュクチュ法とは

男性だけじゃない!アラサー女性に多い「加齢ハゲ」を防ぐ心得5つ

 

【姉妹サイト】

※ 働き女子のマストスキル!「誤解を招かない」上手な社交辞令のコツ3つ

※ ミート矢澤ほか有名店が参戦!話題の「肉フェス」出店第一弾が発表