顔からアソコまで!1本で5通り使える「最強うる艶アイテム」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、スキンケアしたての肌は、潤いがあってツヤツヤ。それなのに、空気の乾燥や、エアコンのきいた屋内で過ごすことなどが原因となって、昼過ぎには乾燥、くすみ、小ジワが出現……。このような悩みを抱えている女性は、非常に多いですよね。

そんな方に使ってもらいたいのが、肌によくなじみ艶を出してくれる“オイル”なのですが、スキンケアの最後にただ何となく塗るだけでは、十分な効果を発揮できていないのです。

そこで今回は、美容ライターの筆者もハマっている“オイル”を使った5通りのお手入れ法をご紹介していきたいと思います。

 

■1:忙しい時の時短テク”化粧水後にオイルを”

忙しい朝や疲れて帰ってきた夜。スキンケアに時間を割けない時は、化粧水の後に使用する美容液の代わりにオイルを数滴塗るだけで、速攻で艶肌を作り出すことができます。

近頃は、”オイル1本でスキンケアOK”という商品もあるのですが、人によっては、乾燥した肌に直接オイルを塗ると、赤みやかゆみを感じることもあるので、化粧水の後の湿った肌に使うことをオススメします。

 

■2:ブースターとして洗顔直後の肌に使う

オイルはブースターとしても使えます。洗顔をしたらすぐに、オイルを顔全体に伸ばしてみてください。肌が柔らかくなり、次に使う化粧水の浸透が格段に良くなります。

 

■3:入浴中に柔らか肌を作る

メイクを落とした後の清潔な肌に、オイルを塗り込みましょう。そのまま湯船に浸かることで、蒸気がスチームの代わりになり、オイルを肌にグングンと浸透させてくれます。硬くてゴワゴワした肌が、柔らか肌へと早変わりしますよ。

 

■4:マッサージ時に使う

むくみやシワ対策にフェイスマッサージをするのは良いのですが、乾燥した肌には大きな刺激になるので、保湿をしてから行うのが大前提となります。

そんな時に役立つのが、オイル。普段のスキンケアで使う量にほんの少しプラスして、滑りを良くしてから行いましょう。首筋や脚のリンパマッサージをする前に使うのも、オススメです。

 

■5:ヘアケア・ボディケアに使う

オイルが使えるのは、顔だけではありません。ドライヤーの熱から守るため、乾燥から守るために髪につけたり、カサつきがちなボディパーツに使うこともできます。

入浴後の体が濡れている時にオイルをなじませて、タオルで軽く水気を拭き取れば、しっとりと柔らかい肌になれるので試してみてください。

 

いかがでしたか? 1本のオイルで全身のお手入れができちゃうなんて、手軽で嬉しいですよね。まもなく、乾燥が本格化する季節がやってきます。いつでも潤いのある肌をキープするための参考にしてみてください。

 

【関連記事】

世の8割の女性がやっている「脚がズドーンと太くなる」4つの悪癖

美人はこっそりやってる!「キレイだね」と言われるメイクのコツ

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

イガイガとコンコンでは違う!重症化を防ぐ「症状別」風邪対処法

道端ジェシカも実践!風邪をひかない体を作るクチュクチュ法とは

 

【姉妹サイト】

※ これでもうイライラしない!プロから学ぶ「怒りをコントロールする方法」とは

※ 観るとおデブに!? アクション映画と食欲の恐ろしすぎる関係とは