トレーナーが秘密を明かす!効率的に体脂肪を落とすノウハウ【前編】

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風が心地よい季節になってきました。ダイエットの秋到来です! 暑い夏の間、冷たい飲食や運動不足で少し太ってしまった方も、過ごしやすいこの季節にダイエットを始めて、秋服の似合うキレイボディを目指しましょう。

皆さんは、ダイエットにおいてどのくらい運動を行って、どんな食材を減量したらよいかご存じでしょうか? 減量の理論を知った上で賢く行動を起こすことで、より効率的にダイエットに取り組むことができます。

そこで今回は、パーソナルトレーナーとして幅広い年齢層の女性のボディメイクを手掛けている筆者が、効率的に体脂肪を落とすノウハウを解説します。

 

■1か月に-1kgの減量

ダイエットで体重を落としたいなら、現体重の5%の減量にとどめる必要があるというのは、よく知られていますよね。急激な体重減少は生理周期の乱れや肌荒れ、もの忘れやイライラなど身体への影響は数知れません。

しかし、筆者の経験上、心が折れずにトレーニングが継続できるのは、体重の重さに関わらず1か月で-1kgの減量です。それ以上の減量を目標にすると、頑張って数か月は継続できますが、季節の移り変わりや生活習慣の変化、私欲など、数々の影響で断念してしまうことがとても多いのです。

せっかく運動を始めるのであれば、必ず継続させましょう。最初から無理をしないことが大切ですね。

 

■体脂肪を1kg減らすには何kcal分消費するべき?

まず、脂肪は1gあたり9kcalのエネルギーを生み出します。そして脂肪組織のうち、80%が体脂肪とされているので、9kcal×(1,000g×80%)=7,200kcal。つまり、1kg減量するなら7,200kcalを余分に消費しなければなりません。

これを1か月(30日)で割ると、7,200kcal÷30日=240kacl、つまり1kg減量するには1日に240kcal分、意図的にエネルギー不足状態をつくったらよいという計算になります。もちろん、ホルモンや自律神経バランスの変化で簡単に体重が増減してしまうこともあるため、あくまでも計算上の話です。

 

理論を知ることで、具体的に行動に移すことができます。次回【後編】では、1日240kcalの減量のための、具体的な運動と食事の取り方についてご紹介します。

 

【関連記事】

※ 脂肪細胞は増え続ける…ってウソorホント?「体脂肪」驚愕の実態

※ 夏のぽっちゃり対策にはあの身近な○○を使ったダイエットが効果的!

※ 単純明快!こすって痩せる「乾布摩擦ダイエット」のミラクル具合

※ 泣くだけでOK!今話題の「涙活」は美肌・ダイエットにも効果的

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

 

【姉妹サイト】

※ イガイガしたらこれで解決!仕事中の「のどの痛み」をすぐに癒す方法5つ

※ 菅谷哲也が「テラスハウス」後初出演!プライベート密着の新番組