この秋流行アイテム「ハイネック」が太って見えるNG着こなし3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今秋トレンドファッションといえば“ハイネック”のトップス。皆さんはもう手に入れましたか?

せっかく旬のアイテムを手に入れたのならば、少しでもおしゃれに、そしてなによりスタイルよく見せたいところ。そして、よほど痩せ体型の女性でない限り避けたいことは、着膨れならぬ、太って見えてしまうことではないでしょうか。

そこで今回は、ハイネックコーディネートが太って見えてしまうNG着こなしを、スタイリストの筆者がご紹介します。

 

■1:髪型がダウンスタイル

首の骨っぽさは、華奢さをアピールしてくれる大切な部分。ハイネックはこの首をちょっぴり隠すアイテムであるだけに、ほんの少し見える首の華奢さはできるだけ主張しておきたいところ。

そこでヘアスタイルをダウンスタイルにしてしまうと、その少しの首の華奢さが隠れてしまい、結果、上半身が太って見えるだけでなく顔も大きく見えてしまうということに。

というわけで、ヘアスタイルはアップスタイルにして、首を見せてあげたほうが痩せて見えますよ。

 

■2:もこもこローゲージニットは太って見える

これからどんどん寒くなると、カットソーからニットが定番アイテムになりますよね。そこで、このニットの選び方が重要。ローゲージニットのようなざっくりニットのハイネックを選んでしまうと、そのもこもこ感が身体を膨張させて見えるという残念な結果に。

ハイゲージ、もしくはミドルゲージのニットを選ぶほうが、すっきり痩せて見えますよ。

 

■3:太めボーダーを選ぶと膨張しがち

毎シーズン必ず目にするボーダーアイテム。ついつい袖を通したくなるボーダー柄のハイネックニットも太めのボーダー柄を選んでしまうと、膨張して見える可能性大。細めのボーダーにしても、規則的な柄のものは、配色によっては同じように太って見えてしまいます。

太めボーダーと細めボーダーの組み合わせだったり、ボーダー柄にひと癖あるものを選ぶことが、痩せて見えるボーダー柄ハイネックトップス選びのポイントです。

 

今秋、1枚コーディネートに取り入れるだけで、旬のスタイルになれるハイネックのトップス。記事を参考にベストな1枚を見つけてくださいね。

 

【関連記事】

※ ドラッグストアで買える!プロが使い続ける安価なスキンケアコスメ

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

※ 【動画あり】普通すぎるポロシャツをオシャレに着こなす簡単テク

※ ヘアメイク氏推薦「貰って嬉しい」ギフト向けプチプラコスメ3選

※ 【動画あり】いつものストールが「グッと洗練される」小粋な巻き方

 

【姉妹サイト】

※ ほんの数分で効果大!会社の昼休みにできる「簡単ビューティーケア」4つ

※ 米国のフツーのスーパーでフツーに売っている意外な日本の味9つ