クレオパトラも愛した万能薬!「アロエ」には驚異の美パワーあり

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アロエは食品としてはもちろん化粧品や医療の現場でも使われ、「アロエがあれば医者いらず」とまで評される万能植物。実は4000年も前からアロエは重宝され、あのクレオパトラもアロエの液汁を身体中に塗りつけていたと言われています。

そんな歴史的美女さえも魅了するアロエの美容効果、知っているようでちゃんと理解している人は少ないはず。

そこで今回は、特に”これは知っておきたい!”というアロエの美パワーを3つご紹介します。

 

■1:皮膚水分量の保持効果=”保湿”効果!

アロエとひと口に言っても、その種類は600もあることをご存知ですか? なかでも最も多くの人に愛されるのが、”アロエベラ”。ジューシーな葉肉を持つアロエであり、食品や化粧品に多く用いられています。

そのアロエベラから摂れるのが、”アロエステロール”と呼ばれる、アロエベラの葉肉に含まれている5種類の植物ステロール。このアロエステロールがとってもすごいんです!

まず特筆すべきは、保湿効果。森永乳業のアロエステロール研究所によると、アロエステロールには皮膚水分量の保持効果があることが明らかになっており、アロエステロールを含む食品を摂ることで肌の潤いにつながることが期待できます。

 

■2:肌のたるみ、ごわつきを改善する”アンチエイジング”効果!

同研究所によると、アロエステロールによってコラーゲンの生産量が約2倍、ヒアルロン酸の生産量は、約1.5倍も増えることが明らかになっています。また、アロエステロールはコラーゲンと線維芽細胞の結びつきを強める働きがあることも確認され、皮膚のハリを維持し、たるみを改善してくれる効果が期待できることがわかったのです。

さらに、紫外線による皮膚弾力性の低下が、アロエステロールによって予防されていることが確認されました。紫外線に長時間あたると表皮が厚くなってごわつきの原因となりますが、実験によりアロエステロールが肌のごわつきを防いでくれることが明らかとなっています。

年齢とともに気になる肌のたるみ、ごわつき、シワなどのトラブルをさまざまな角度からサポートしてくれる……まさに万能薬ですね。

 

■3:体脂肪の蓄積を防ぎ、体脂肪を減らす”抗肥満”効果!

さらにうれしいのが、抗肥満にも効果を発揮してくれるということ。アロエステロールは抗肥満効果と、さらには血糖値上昇を抑制、インスリン抵抗性を改善する抗糖尿病効果を示す有効成分としても認知されているのです。

アロエベラに含まれているアロエステロールを食べたり飲んだりすることにより、ちゃんと身体に吸収されて効果を発揮されることもわかっています。わざわざ高いサプリを買わなくても、アロエステロールが含まれている食品を美味しく食べたり飲んだりして、美容効果もゲットできるなんてうれしいですよね。

とはいえ、アロエステロールはアロエベラの葉7.5t(なんと象一頭分程度)から、わずか1gしか取れない希少な成分でもあるので、より高い効果を期待するなら、アロエステロールを配合したアイテムを摂るのが、手っ取り早いかもしれません。

 

私たちにとって、とても身近なアロエは、こんなにマルチな美容効果を持っていたのです。味が美味しいのも魅力のひとつ。さて、今日の食後のデザートはアロエにしようかな……。

 

【関連記事】

※ 欧米女性がハマる究極の痩せ食品「コーシャーフード」って何だ?

※ 塩分摂り過ぎ!意外と知られていない「塩を多く含む」身近な食品

※ 食べると体に悪い?実はよく知らない「遺伝子組換え食品」の真実

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

※ 3週間で驚異の3kg減!スルリと痩せる「成功者続出」ダイエット

 

【姉妹サイト】

※ タバコも原因のひとつ!? 仕事での「記憶力の低下」を招く5つの要因

※ 渡辺直美、千葉雄大のおもてなしにデレるも「噂の彼」とは進展ナシ

 

【参考】

アロエステロール研究所 – 森永乳業