僅かな角度が命とりに!一気に年齢を加速させるオバ眉NGポイント

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

僅か数センチのラインなのに、顔全体の印象に大きな影響を与えてしまうのが眉毛。僅かな角度やほんのちょっとの長さの違いだけで、見た目年齢を上げたり下げたりしてしまう眉毛は、苦手意識を持っている方が多いかもしれません。

今回は、実年齢よりも老けて見えるオバ眉に共通するポイントを、眉頭から眉山、眉尻まで順を追ってフィーチャー。自分の眉を鏡で照らし合わせながら、本当に今の眉でOKか検討してみましょう。

 

■1:眉頭の位置

眉頭が眉間に近づきすぎると、老けて見えます。さらに、ペンシルだけで描いたようなくっきりとした眉頭もNG。パウダーや眉ブラシを使って、眉頭をやわらかくぼかした方が、若くさらに品のある印象が作れます。

 

■2:眉山と目までの距離

一番高い位置にある眉山は、だいたい目尻と同じライン上にくるはず。そのとき眉山から目尻までの距離が長くなるほど、おばさん化が進みます。これは眉山だけではなく、眉全体にも言えることですが、眉のラインと目までの距離が開くほど、おばさんぽく見えてしまうもの。

よって、自然と眉頭から眉山までの角度もあまりつけないほうが良いということがわかるでしょう。

 

■3:眉の太さ

眉毛全体の太さについては、細ければ細いほど若さが薄れていきます。とくに元の眉毛が薄い人の場合、ペンシルだけで描いた一本眉のような細眉は、あまりにも時代遅れ。

ナチュラルな太眉の方が若い印象になるので、自分の眉が細いと思ったら今までよりも気持ち太目になるように、一度試してみるのもいいかもしれません。

 

■4:眉尻の下がり角度

最後に眉尻部分について。眉尻の角度が”く”の字を描いたようにきついカーブを描くと、その分老けた印象になります。眉頭から眉山までもあまり角度をつけすぎない方が良いと前述しましたが、眉山から眉尻にかけても同様です。

角度がきついと老けて見られる上に、きつい感じの印象を見る人に与えてしまいます。

 

■5:眉尻が長すぎる

眉尻が長くなりすぎると、若さに欠けます。小鼻から目尻をつないだ直線上が、最適な眉尻と言われています。もしもそれ以上、長い眉にしていたら、短めにすると良いでしょう。

 

いかがでしたか? 試しに今の自分の眉から、上記の5つのポイントに沿ってちょっとだけ長さや角度を変えてみると、若々しい自分に出会えるかもしれませんよ。

 

【関連記事】

案外気づいてない?「メイク下手女子」が陥りがちな残念眉NG4つ

あなたの色は合ってる?ダサい女評価されない「眉色の選び方」

他人の気になる毛2位は眉毛!1位はなんと「●●の下のひげ」だって

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

眉は下ラインが命!下側の毛を抜かずにキレイに見せる驚きの裏技

 

【姉妹サイト】

※ いるいる!会社の飲み会で「なぜか孤立してしまう人」の残念な特徴4つ

※ ドジっ子再臨!観月ありさ主演「ナースのお仕事」12年ぶりに復活