知らなきゃ大損!プロ直伝「綺麗な人がいつも食べている」食材4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットは、辛いものと決めこんでいませんか?

「ダイエットは心も身体も幸せな自分に変化していく過程」と話すのは、管理栄養士の木下あおいさん。ダイエット専門のお料理サロンを主宰し、これまで数百人の女性の体重を3~10kg減らし、綺麗で居続ける美人の食べ方を伝授しています。

ダイエットは痩せることよりも、これまで無意識的に食べていたものを見直すこと。

そこで今回は、木下さんの著書『美人はコレを食べている。食べるほど綺麗になる食事法』から、綺麗な人が習慣的に食べている食べ物をご紹介します。

 

■1:美人のもとは味噌

味噌汁はたった一杯のお椀の中にも、女性に必要な栄養素が詰まっている万能のスープなのです。味噌は大豆イソフラボンや、ストレス抑制・肥満改善が期待されるGABAといった、女性に嬉しい栄養素を含むことでも知られています。 

 

■2:イライラしたら豆腐

ダイエット中の人の多くがイライラしているのは、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンをつくる”トリプトファン”が不足していると考える説もあります。無性にイライラする時は、トリプトファンを多く含むたんぱく質を摂取することで満たされます。

特におすすめは、腸に負担をかけないお豆腐などの大豆製品です。 

 

■3:美肌には赤ピーマン

ピーマンは美肌野菜の筆頭にあげられるほど、ビタミンCを豊富に含んでいます。ビタミンCは、シミやソバカスの原因となるメラニン色素が肌に沈着するのを防ぐ働きがあり、コラーゲンの生成にも欠かせません。

同じピーマンでもおすすめは、断然”赤ピーマン”。緑のピーマンよりもビタミンCは約2倍、ビタミンEは約5.8倍、カロチノイドも約2倍の栄養価があります。 

 

■4:本物の水だけを飲む

毎日、水を”生の水”の状態で、適量飲むことは常識です。むくみを排出するために水分が必要ですが、この時、お茶や清涼飲料水の状態で飲むのではなく、純粋な”水”の状態で飲むことがポイントです。

 

木下さんは、「自炊が一番お金のかからないダイエット法」だと話します。例えば、味噌汁なら時間がない時はカップに味噌と乾燥ワカメ、切干大根だけ入れてもOK。

出来ることから少しずつ取り入れていくと無理がありません。ぜひ明日から意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

妊娠体質になりたい!医師が断言「女性がもっと摂るべき」栄養素

※ 【動画あり】驚くほど簡単なのに華やか!ゆるふわヘアアレンジ3つ

3つを意識するだけ!メタボ対策「糖質制限」で妊娠力もUPする

コスメも食べ物も「オーガニックが体に断然よい」科学的な理由とは

※ 小腹がすいたらコレ!「我慢しなくていい」太らないおやつ10選

 

【姉妹サイト】

※ 5分もあればOK!電子レンジと「ルクエ」で本格レモンケーキを作る方法

※ 10月はピンクリボン月間!乳がん対策に月一でやるべき自己診断とは

 

【参考】

木下あおい(2014)『美人はコレを食べている。食べるほど綺麗になる食事法』(大和書房)