歯周病と口臭で20代のお口のオバ化が深刻!たった30秒の回避策とは

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「歯周病」や「歯肉炎」と聞くと、年配の人がかかる病気のイメージがありませんか? でも最近は、20代30代にも増えているそう。つまり、お口がオバ化している人が急増中なのです!

歯周病や歯肉炎はサイレントキラーともいわれ、痛みを感じない間に深刻化してしまいがち。ケアをしていないと、歯が抜けておばあさんのようになってしまうことも! そんな恐ろしい事態を避けるべく、今回はお口のアンチエイジングにおすすめのテクをご紹介します。

 

■お口のアンチエイジングにおすすめのテク3つ 

口臭や歯周病・歯肉炎は、歯茎の隙間に歯垢が入りこみ、菌が繁殖することが原因。“お口のオバ化”の原因を防ぐために、やるべきことを3つチェックしましょう。

(1) 歯磨きは力を入れすぎない

一生懸命に歯の汚れを落とそうとするあまり、力を入れて歯磨きをしていませんか? もし、あなたの歯ブラシが毛羽立っているなら危険サイン! 歯茎が痛んで下がり、隙間に歯垢がたまりやすくなります。歯ブラシは鉛筆のように持って、やさしく磨きましょう。3分以上かけて丁寧に磨けば、しっかり汚れが落とせます。

(2) 歯ぎしりを改善

 歯ぎしりも歯茎にダメージを与えます。自覚していない方も、家族や恋人に聞いてみましょう。歯ぎしりをしている方は、マウスピースの着用で防止することができるので、試してみて。歯を食いしばりがちな方も、同様に危険です! ストレスも歯ぎしりや食いしばりの引き金になるので、ストレスケアも忘れずに。

(3)歯間の歯垢を除去する

しっかり歯磨きをしているつもりでも、歯垢が残りがちなのが歯間。歯間ブラシやフロスを使うだけで、口臭や歯周病リスクを減らすことができます。それに歯と歯の間がスーッとして爽快感も抜群! 毎日の歯磨きにひと手間加えるだけで気持ちも爽やかになります。

 

■これなら続けられる!たった30秒ですべての歯間を洗浄できるアイテム

今回は筆者がイチオシするオーラルケアアイテムを紹介します。歯間ケアが重要だというのは、かつてから知ってはいたものの、歯間ブラシやフロスを歯の間に入れるのが怖くて、なかなかケアできていませんでした。でも、『ソニッケアー エアーフロス HX8220/02』は、空気と水の噴射によって歯間をケアできるので、全然抵抗がないのです!

さらに魅力的なのが、通常の歯磨きのみの使用と比べて約5倍の歯垢を落とすことができるのに、たった30秒ですべての歯間を洗浄できること。ずぼら女子でも忙しい方でも、毎日続けやすいのです。

使い方は簡単! 持ち手のタンクに水を入れ、先端を歯と歯の間にしっかり当てるだけ。水の代わりに、マウスウォッシュを入れてもOK。

とくに新たに仲間入りしたピンクカラーは”買い”ですよ!ピンクがとってもかわいくて、これならランチ後の歯磨きタイムでも恥ずかしくないですよね。

 

まだ20代だからといって、歯周病を他人事だと思っていませんでしたか? ぜひ今すぐお口のエイジングケア、始めてみてくださいね。

 

【参考】

エアーフロス HX8220/02 – フィリップス