勘違い女子多し!化粧のりを「自分で悪くしている人」のNG共通点

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

肌がキレイな女性を見ると、つい「どこのファンデーション?」と聞きたくなりますよね。しかし、ファンデーション以前に意識したいのが“化粧のり”です。同じファンデーションを使用しても、化粧のりを意識しないと満足いく仕上がりは得られません。

そこで今回は、“化粧のりが悪い人”がやりがちな5つの落とし穴をご紹介します。

 

■1:角質ケアをしていない

肌のターンオーバーにより、通常古い角質はどんどん垢となってはがれ落ちます。しかし、はがれ落ちずに肌表面に残っているとカサカサごわごわし、ファンデーションののりも格段に悪くなってしまいます。

カサつきがち、くすみがちな人は、角質ケア専用の化粧品で定期的にお手入れをするのがおすすめです。余分な角質を除去するだけで顔がワントーン明るくなり、肌表面もツルツルになるので、ファンデーションもスルンとのびますよ。

 

■2:顔のうぶ毛を放置している

顔のうぶ毛は目立たないからケアしないという女性は、少なくありません。しかし、思っている以上に顔はうぶ毛で覆われています。一度剃ってみると、「こんなに生えていたんだ」と驚く女性も多いです。

ファンデーションを肌にピタッと密着させるには、うぶ毛はないに越したことはありません。顔専用のカミソリでうぶ毛のケアをすると、お肌がツルツルになりますよ。ただし、やりすぎると肌を傷めてしまうので3~4週間に一度で十分です。

また、うぶ毛のケアをするときは余分な角質も一緒に取れるため、角質除去の化粧品の使用はお休みしてくださいね。

 

■3:朝の保湿が足りていない

化粧のりの良し悪しを左右するのは、朝のお手入れといっても過言ではありません。たっぷり潤っている肌はハリがあり、毛穴も目立たず、時間が経っても崩れにくいです。化粧水はケチらず使用量を守り、最後にハンドプレスでじわーっと肌になじませると、より浸透するのでおすすめです。

寝不足や肌に元気がないと感じたときは、少し早く起きてマスクシートでたっぷり保湿すると顔色も化粧のりもよくなりますよ。

 

■4:メイク前の“油分オフ”をしていない

化粧水のあとの乳液は、保湿のためにも欠かせません。しかし、乳液をつけた直後の肌は、油分でベタつきがち。その上からファンデーションをのせてもキレイにのびなかったり、ヨレてしまうことも。

乳液のベタつきが気になるときは、広げたティッシュで顔を覆い、余分な油分を軽くティッシュオフするとよいです。

 

■5:化粧下地とファンデーションのブランドがバラバラ

化粧下地とファンデーションは、お互い密着度が高まるようにセットで作られています。別のブランドのものよりは同じブランドのものを使用した方が、よりキレイに仕上がります。

バラバラで使用していた……という人は、ぜひ同じものを使ってみてください。

 

以上、化粧のりを悪くする落とし穴をご紹介しました。ツルツルすべすべの肌を目指して、ぜひ試してみてくださいね。

 

【関連記事】

たった2分で横顔美人!「くっきりフェイスライン」を作るスゴ技

美人はみんなやってる!保湿時に意識すべきたった3つの大事なこと

これさえ知っとけばOK!潤い肌のためには「顔を洗う順番」が重要

※ 【動画あり】矯正サロン並みの効果!「拳だけ」でできる小顔キープ術

実際どうなの!? 「メイクを落とさずに寝る」と肌に何が起こる?

 

【姉妹サイト】

※ 未公開映像が満載!AKB48ドキュメンタリー映画のBD&DVD発売

※ すぐ始めたい!働いた分だけ「お金が自然にきちんと貯まる」習慣6つ