寝起きの口臭に彼がオエッ!「口が臭くなる」就寝前NG行動3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝起きの口は臭いもの。それは誰もが、大なり小なり経験して知っていることでしょう。1人のときならそれでも構いませんが、大好きな彼と一緒に朝を迎えるなら、やっぱりニオイがしないように何とかしたいもの。

そんな寝起きの口臭を悪化させてしまう原因は、あなたが普段行っている寝る前のある行為にあるかもしれません。

今回は、そんな”寝る前”に焦点を絞って、朝の口臭をひどくさせてしまうNG行為をご紹介しましょう。

 

1:歯を磨かない

歯を磨かず口の中に食べカスが残っていると、それが細菌のエサとなって、寝ている間に細菌の数が恐ろしいほど増えてしまいます。歯を磨かずに寝るのは、口臭の原因菌にエサを与えて育てているようなもの。

歯を磨くことはもちろん、デンタルフロスなどを使って歯垢をしっかり取り除くことが大切です。

 

2:水分をとらない

夜中トイレに目を覚ますのを嫌がって、寝る前に水分を控えるのはNG。体内の水分が減り、口の中が渇いてしまっては、殺菌作用があり口内の細菌数を減らす役割もある、唾液の分泌量が減ってしまいます。睡眠中はただでさえ唾液の分泌量が少なくなるため、細菌繁殖の勢いを増すばかりになってしまいます。

また、寝ているときに口を開けて寝る人は、口が渇く上に空気中からよけいな菌が入りこんで、よけいなニオイの元になってしまいかねないので、これも避けましょう。

 

3:アルコール摂取

アルコールは、分解される過程で身体の水分を使います。これによって、寝ている間に体内の水分量が減り、唾液も減って口の中の細菌がどんどん繁殖してしまいます。またアルコール自体もニオイがあるため、翌朝の口のニオイに大きく影響を与えます。

胃のニオイも口臭に関係するため、ポテトチップスやラーメンといった、少しでもニオイがすると感じる食べ物も、寝る前に食べると翌朝の口臭の元となってしまいます。

 

いかがでしたか? ひとつくらい思い当たる行動があるかもしれません。翌朝にニオイを気にせず爽やかに迎えられるように、毎晩の行動を見直してみませんか。

 

【関連記事】

歯ブラシだけはNG!口臭の原因「歯垢を除去する」完璧な歯磨き法

初対面で43%が幻滅!外見よりも口臭が男女の出会いに重要と判明

恋愛を遠ざける原因は臭いから…?「不快な口臭」の判別法と改善策

食後すぐ歯を磨くのはNGだった!口臭が治らない本当の理由とは

※ 【動画あり】矯正サロン並みの効果!「拳だけ」でできる小顔キープ術

 

【姉妹サイト】

※ ●●の温度を上げ下げするだけ!朝までぐっすり熟睡できるコツ4つ

※ 頭のなかのモヤモヤを一気に解消!タスク整理の画期的手法「GTD」とは