花嫁の多くが後悔…「お手入れしとけばよかった」意外なパーツ3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

涼しくなる秋は、一年の中でも人気の結婚式シーズン。準備や自分磨きの真っ最中という女性も少なくないはず。

しかし、準備万端のつもりでも、実はドレスを着たときに「お手入れしておけばよかった」と、多くの花嫁が後悔するパーツが存在します。当日の写真を見てショックを受けることも……。

そこで今回は、結婚式の前にケアしておきたいパーツを3つご紹介します。

 

■1:肩こりでモリッとなった“僧帽筋の盛り上がり”

女性の肩まわりに注目すると、首と肩の境目が、モリッと盛り上がっている人が多いです。これは肩こりを放置することで、僧帽筋が盛り上がってしまっている状態です。本来、首と肩の境目は90度の直角になっているのが理想の状態。境目が盛り上がると首が短く見え、肩を出すドレスを着たときに“いかつく”見えてしまいます。

肩こりがヒドイ人は、肩こりに効果的なエクササイズを取り入れたり、毎日湯船につかって血行を促進するとよいです。

そして肩こりを招く一番の原因は、姿勢の悪さです。猫背気味の人は、姿勢を正すことからはじめてみてくださいね。

 

■2:見えないだけに意識したい“背中のブツブツ”

ドレスを着て後姿を鏡や写真で見たときに、自分の背中が想像以上に汚いと感じる女性は少なくありません。実は筆者もその一人。背中は皮脂の分泌が多い部分でもあり、手が届きにくいことから洗いにくいパーツでもあります。シャンプーの洗い残しや毛穴のつまりで、吹き出物ができている場合も……。

これを防ぐには、背中の汚れをしっかり落とすことが大切です。石鹸を泡立て、手で泡を転がすように洗うのが理想ですが、手が届かない場合は肌に優しいオーガニック素材のやわらかいボディタオルを使用するとよいです。

また、シャンプーは髪の毛を前にして、背中にかからないように洗うのがポイントです。

 

■3:プニッとドレスからはみ出る“脇のぷに肉”

意外と気になるのが、ドレスからプニッとはみ出る脇の下の脂肪。ドレスの上にプニッと脂肪がのっているとぽっちゃりして見え、何よりドレスがキレイに着こなせません。

以前ご紹介した、『美レンジャー』の過去記事、「頼むから何とかしてほしい“脇のハミ肉”がどんどんムチるNG習慣」を参考に、脇のぷに肉がつきにくい習慣やスッキリさせるケアを取り入れてみてくださいね。

 

以上、結婚式の前にケアしておきたいパーツをご紹介しました。結婚式の写真は一生見返したいもの。「あぁ、このケアをしておけばよかった」と後悔しないように、今日からでも意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

自分で気づいてない!不潔感一杯な「ブツブツ背中」女子が蔓延中

残念すぎる後姿!「背中のボンレス肉」がたっぷりつくNG習慣

背肉や背ニキビの原因!「背中のこりをほぐす」たった2つの方法

※ 【動画あり】メイク持ちが超UP!崩れないリキッドファンデの塗り方

 

【姉妹サイト】

※ みんなSNS疲れに悩んでいる!? 「スマホ断捨離」したい人は50%

※ 内側からスッキリ!仕事で溜まった疲れを流す「デトックスフード」6つ