ここだけの話「プロが現場でも愛用する」優秀ビューラーベスト3

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイクの新色が出揃う季節ではありますが、そもそも使い勝手が悪いのに、何年も同じメイク道具を使っていませんか? 道具がイマイチであれば、いくら新作のメイクアイテムを使ってもその仕上がりに不満は残るもの。

中でも、なかなか買い替えに至らないメイク道具といえば、“ビューラー”なのでは? 

そこで今回は、ヘアメイクアーティストの木村旭宏さんに、木村さんが実際に現場でも使っている、おすすめビューラーをランキング形式で教えて頂きました。

 

■3位:shu uemura『S カーラー(マルチ ファンクショナル アイラッシュカーラー)

「フレームのカールが強すぎないため、まぶたを挟みにくくなっており、まつ毛のカール調整、細かな部分のアクセント付けにとても便利なビューラーです。小さめのタイプのビューラーが一つあるだけで、使い勝手がいいですよ」と木村さん。

ネコ目風に、お姫様風にと、なりたいイメージに合わせての一工夫を、このビューラーで叶えてみては?

 

■2位:SUQQU『アイラッシュ カーラー』

「フレームの角度もとてもよく、ゴムが端から端まであるので、目頭や目尻までちゃんとキレイに挟むことができます。それにゴムが四角いので、まつ毛の根元を立ち上げるのにとても便利です。上手くまつ毛が上がらないという方には、とてもおすすめです」とのこと。

不器用な女性にも使いこなせそうなこのビューラー。諦めモードに入っていた女性も試してみるといいですよ。

 

■1位:資生堂『アイラッシュカーラー213』

「日本人の女性に一番合ったビューラーといえるのが、このアイテム。フレームの幅や角度、ゴムの硬さもとてもよく作られています。王道のビューラーといってもいいと思います」と木村さんは、話していました。

今回取材をするにあたり、木村さんだけでなく、複数のヘアメイクさんもこぞって1位と仰っていたこのビューラー。一度は試してみる価値ありでしょう。

 

最後に、木村さんから「今回は3種類のビューラーをご紹介したのですが、ビューラーは何個あってもいいと思います。例えば、上記の資生堂のアイテムでまつ毛を上げてみて、もっと強く上げたいと思うなら、SUQQUのものを使うという方法もあります。

また、目尻をもっと上げてアクセントにしたいと思うなら、shu uemuraのアイテムで目尻だけ上げるなど、それぞれの良さを活用して併用するのもおすすめです」とのこと。

 

色モノのメイクアイテムをたくさん持つのもいいけれど、少しでも道具にこだわるほうが、メイク技術は上達するかもしれません。ぜひこの記事を参考に、まずはビューラー攻略してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ 【動画あり】なりたい印象別に使い分けるビューラーテク裏ワザ

※ もう泣かない!髪のカットで失敗しないオーダーの仕方4ステップ

小技でイメチェン!自分で失敗なく前髪を切る簡単な方法【前編】

小技でイメチェン!自分で失敗なく前髪を切る簡単な方法【後編】

※ プロも仕事で使用!「激安で若返りできる」超優秀100均コスメ4選

 

【姉妹サイト】

※ すぐ始めたい!働いた分だけ「お金が自然にきちんと貯まる」習慣6つ

※ 小倉優子の旦那も絶賛!鰯の梅干し煮は「究極の老化防止食」だった

 

【取材協力】

※ chiho-hairmake・・・コスメアイテム大好きなヘアメイク。百貨店のみならず、ドラッグストア・バラエティショップでの逸品探しも趣味兼日課。学校、企業等の講師活動、アーティスト・モデルのヘアメイク、ショーメイク、ブライダルなどヘアメイクを通して心身のキレイをお届け。