火傷や肌荒れまで!スマホが及ぼす「健康への深刻なトラブル」3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や生活をする上で、欠かせない必需品となりつつある”スマートフォン”。「一人一台は常識」「無人島に一つだけ持って行くならスマホ」という方も多いはず。

しかし、便利な反面、スマホの使用方法や管理方法を間違えると、美容、健康を損なうことにもなりかねません。

そこで今回は、みるみるおブスになってしまう、スマホのNG使用や管理方法についてお話していきたいと思います。

 

■1:枕元にスマホは火傷のもと

スマホユーザーなら、充電中のスマホが熱を持ち、熱くなっているのを感じたことがあるはず。メーカーによっては、40度まで温まると安全装置が作動するものもあるそうですが、この温度でも100%安全とは言えないようです。

それは、人の肌というのは、43度に10時間、44度に6時間以上触れ続けると、低温火傷を起こす可能性があるから。このような理由から、うっかり肌が触れる可能性がある就寝中は、枕元でスマホを充電するのをやめた方がいいと言えるでしょう。

充電しながらベッドでブログを書く、LINEでやり取りをする、SNSをチェックするという方は、要注意ですよ。

 

■2:目の疲れは肌荒れのもと

会社への行き帰り、帰宅後はスマホを操作、仕事中はパソコン作業ともなれば、一日中目を酷使することになります。実はこの目の疲れ、肌荒れと深い関係があることをご存知ですか? その理由は、下記のとおり。

システインという成分には、眼精疲労やドライアイによる目のダメージを補修する働きがあるのですが、健やかな肌、髪を作るのにも欠かせません。眼精疲労を補修するためにシステインが消費され、肌や髪にはダメージが蓄積されたまま……なんてことにならないためにも、適度に目を休め、労ってあげましょう。

また、眼精疲労は目元周辺を緊張状態にさせます。緊張状態は血流を悪化させるので、その結果肌の新陳代謝が悪くなり、肌荒れ、くすみ、ツヤの消失へつながります。

スキンケアを頑張っても効果が得られないという方は、目の疲れをケアしたり、システインを摂取するといいかもしれませんね。

 

■3:スマホはトイレの便座より汚ない

電車での移動中や食事中、起床時、入浴前後、就寝前……現代社会におけるスマホの存在は、まさに生活の中心になりつつあるのですが、その衛生状態に気を使っている方は、あまり多くないようです。

スマホのタッチ画面には、通話中についた汗や皮脂、メイク汚れ、指からついた雑菌がたくさん。なんと、トイレの便座よりも不衛生だと言います。これでは、肌荒れや健康面でのダメージにつながりかねません。スマホクリーナーや水気を絞った除菌シートで画面を拭く習慣をつけ、清潔に保ちましょう。

 

いかがでしたか? 常に一緒に過ごすスマホだからこそ、使用、管理方法には気を付けるようにしたいものですね。

 

【関連記事】

ストレスがある時にやりがちな「睡眠中におブス化する」要注意行動

女性なのに男性並に「うじゃうじゃ体毛」が生えてくる原因って?

朝食にグリーンスムージーはNG!? シミが増えちゃう野菜や果物とは

指輪が似合わない…ごっつい「ムクムク指」をホッソリ華奢にする術

※ 【動画あり】なりたい印象別に使い分けるビューラーテク裏ワザ

 

【姉妹サイト】

※ ぼっちに朗報!お一人様のおでかけ応援サイトが何やらスゴイらしい

※ 備えるなら今すぐに!「知識労働者の時代」を生き抜くための仕事のヒント