夏のダメージに泣きそう!「お疲れ肌」を最速で復活させる方法3つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し外を歩くだけでも、ブワッと汗が噴き出すような真夏日から一転。ここ数日は、秋めいた気候が続いています。そこで気になり始めるのが、「過ごしやすくなって嬉しい」と喜んでいるのに、まるでそうは見えない”お疲れ肌”の女性たち。

その原因は、夏の間に浴びた紫外線による日焼けや、過剰な汗、皮脂の分泌。このように、すでにダメージが蓄積している肌に、気温、湿度が下がるという環境の変化が加わることで、肌荒れやキメの乱れ、くすみが起こりやすくなってしまうのです。

これでは、秋冬に大活躍するダークカラーのファッションと共に、顔色まで沈んでしまいますよね。今回は、”お疲れ肌”をいち早く、白く透明感のある肌に戻す方法をご紹介したいと思います。

 

■”お疲れ肌”を最速で復活させる方法3つ

(1)スキンケアで”脱・お疲れ肌”

この時期の肌というのは、夏のダメージが蓄積し、非常に敏感な状態になっています。そのため、肌内部の潤いをキープし、外的刺激から守るバリア機能を上げることが、肌荒れを防ぐポイントとなります。セラミド配合の化粧水やクリームには、バリア機能をきちんと働かせる効果があるので、毎日のスキンケアに取り入れると良いでしょう。

(2)食事で”脱・お疲れ肌”

食事も美しい肌を作るために欠かせない要素です。秋は下記の食材が旬を迎えるので、上手に食事に取り入れましょう。

・さつまいも・・・美肌効果/ビタミンC、便秘解消効果/ヤラピン、抗酸化作用/βカロテン

・さといも・・・むくみ解消/カリウム、消化を助ける/ムチン

・ゆず、かぼす・・・美肌効果/ビタミンC、疲労回復効果/クエン酸

・アボカド・・・血流改善効果/ビタミンE、リノール酸、リノレン酸/コレステロール値を下げる

(3)メイクで”脱・お疲れ肌”

スキンケアや食事で肌力を底上げすること+メイクで肌を美しく見せることで、疲れを感じさせない肌を実現することができます。とはいっても、肌状態に合っていないメイクアイテムを使っていては意味がありません。

そこでオススメしたいのが、肌状態や好みによって、自分仕様にカスタマイズできるIPSAの「秋のベイスメイクキット」なのです。

 

■自分仕様にカスタマイズできる「秋のベイスメイクキット」とは

下地やファンデーション、パウダーを使う目的は人それぞれ。カバー力を重視する人もいれば、透明感、崩れにくさ、持ちの良さをポイントに選ぶ人もいますよね。夏から秋への季節の変わりめは、ベイスメイクの買い替え時。

それに合わせて、IPSAから自分仕様にカスタマイズできる「秋のベイスメイクキット(7,300~9,000円<税抜き>)」が発売されるというので、気になるラインナップをチェックしてみましょう。

(1)ファンデーション(現品) 4種から1品選択

・ピュアプロテクト リキッドファウンデイション EX

・ピュアプロテクト クリームファウンデイション EX

・ピュアプロテクト パウダーコンパクト EX

・ピュアプロテクト リキッドコンパクト

(2)化粧下地(現品)3色orおしろい(現品)4種から1品選択

・ピュアコントロールベイス EX(ブルー/イエロー/ピンク)

・ピュアルースパウダー EX

・ピュアルースパウダー EX レフィル

上記のベイスメイクアイテムにプラスして、トライアルサイズのメイク落とし(オイル、ジェル、クリーム、ウオームジェルから選択)と、化粧直しに使用できるミスト、ポーチがセットになったベイスメイクキットは、9月12日(金)より発売開始となります。

数量限定でなくなり次第終了だというので、予約をしておくのもいいのでは。

 

キットは、アイテムの選択ができないものが多いだけに、「秋のベイスメイクキット」のように好みのものを選べるというのは嬉しいですよね。今の自分の肌悩みにあったベイスメイクアイテムを揃え、”お疲れ肌”をなかったことにしませんか。

 

【関連記事】

朝食にグリーンスムージーはNG!? シミが増えちゃう野菜や果物とは

知らないと損!定番野菜の栄養を「より効果的に摂る」食べ合わせ

やっちまった日焼け後に!「食べる日焼け止め」になる最強フード

秋には劣化して「一気にモテなくなる」女性がやりがちなNG習慣

※ 【動画あり】メイク持ちが超UP!崩れないリキッドファンデの塗り方

 

【姉妹サイト】

※ こんなスゴい人物がいた!働き女子が勇気をもらえる「先人の知恵」2つ

※ アラサー深田恭子、10月スタートドラマで初の弁護士役に挑戦!

 

【参考】

秋のベイスメイクキット – IPSA