靴の中に入れるだけ!「最悪な足クサ女子」を返上する防臭テク

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

靴を脱いだときに、足がクサいとそれだけでイメージダウンにつながりますよね。一日履いたパンプスはもちろん、ブーツはさらにムレムレで靴や足がクサくなりがち。

靴を脱ぐお店で「この子クサい……」と思われないためにも、ニオイ対策はしっかり行いたいところです。

そこで今回は、簡単にできる靴のニオイ防止、消臭テクをご紹介します。

 

■“クサい靴”を作る湿気を徹底排除!

靴や足がクサくなる大きな理由のひとつが湿気です。一般的に両足の裏は、一日でコップ一杯程度の汗をかくと言われています。当然靴の中はムレムレ、雑菌も繁殖してニオイの原因になります。まずは帰宅後に、しっかり靴の湿気を取ることが大切です。

(1)毎日同じ靴を履かない

靴の中の湿気は一晩では乾燥しません。湿気がある状態で履き、また一日汗をかきながら履き続けることで、どんどん靴の中が不衛生になり、ニオイも染みつきやすくなってしまいます。数足の靴を順番に履くようにし、一日履き続けた靴はしっかりと乾かすことが大切です。

(2)新聞紙を入れる

丸めた新聞紙を靴の形にして入れておくと、新聞紙が靴の中の湿気を吸い取ってくれます。靴の型崩れ防止にもなるのでおすすめです。

(3)乾燥剤を入れる

お菓子などに入っている乾燥剤を再利用します。両方の靴の中に入れておくだけで、靴の中の湿気対策になります。お菓子に入っていたときは、捨てる前にぜひ使ってみてください。

 

■今あるニオイをしっかり消臭!

足のニオイは靴にも移ります。放っておくとどんどん靴にニオイが染みついて、靴が異臭を発する可能性も。湿気対策と併用して消臭も行いたいところです。

(1)重層を入れる

最近では洗濯槽をはじめとした、掃除のお供として大活躍する重層。実は重層には、吸湿と消臭の両方の効果が期待できることから靴のケアにはピッタリ。使い古したストッキングやガーゼに、片足で大さじ5~7程度入れ、靴の中に入れておくと効果的です。

(2)コーヒー、緑茶の出がらし

コーヒーや緑茶の入れ終わった出がらしを天日干しし、それを重層同様、ストッキングなどに入れることで靴の消臭剤になります。お金がかからないというメリットはありますが、しっかりと乾かしてから使用しないと、靴の中の湿気の原因になるので注意しましょう。

(3)消臭スプレー

一番お手軽なのは市販の消臭スプレーです。殺菌と消臭両方できるものが多く、簡単に使えて便利です。しかし、消臭スプレーをすることで靴の中が湿るので、スプレーをした靴は、翌日は履かず、しっかり乾かすことをおすすめします。

 

以上、靴のニオイ防止、消臭テクをご紹介しました。今年の秋は、またブーツが流行りそうなので、足のニオイ対策も取り入れてみてくださいね。

 

【関連記事】

うわ…クサっ!ツーンと「鼻がもげる体臭」を生み出す悪習慣10コ

クサ~い息の原因に!約800万人が悩む「ドライマウス」の予防法

※ 【動画あり】メイク持ちが超UP!崩れないリキッドファンデの塗り方

これって加齢臭!? 「枕のイヤ~な臭い」を引き起こすNG習慣4つ

クサッ!服についた「ランチの臭い」をなかったことにする方法

 

【姉妹サイト】

※ 働き女子のおやつはコレで!能率アップと美容効果が期待できる食品7つ

※ ぼっちに朗報!お一人様のおでかけ応援サイトが何やらスゴイらしい