「目はひとまわり大きく・顔はひとまわり小さく」なる簡単な方法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠不足が続いていたり、塩分やアルコールを摂ったりした翌朝は、まぶたはポッテリ頬はムクムクで、顎もたるむという最悪のコンディションに陥りがち。

この悪夢のような顔は、メイクではカバーしきれないので困ったものです。だからといって諦めて家を出ていては、一日中テンションが上がらないのでは?

そこで今回は、家を出る前にむくみ、たるみをなかったことにする”デカ目・小顔エクササイズ”をご紹介します。どれも今すぐに実践できるものなので、手順に沿って始めていきましょう。

 

■目をひとまわり大きくするエクササイズ

(1)ウインクをするようなイメージで、片目ずつ交互にギュッと閉じる(各10回)。

(2)顔が動かないように注意しながら、黒目を上下左右へと動かす。

(3)両目をギュッと閉じて数秒キープしたら、大きく見開き、ゆっくりと自然な状態に戻してリラックスさせる。

 

■顔をひとまわり小さくするエクササイズ

(1)両手をクロスして、胸にあてる。

(2)首を伸ばすように、顔を上に向ける。

(3)口を大きく開くことを意識しながら、「あ・え・い・う・え・お・あ・お」を15回繰り返す。

ここまでのエクササイズをした後、「まだ余裕がある」という方は、口を閉じた状態で舌を歯茎に添わせてグルグルと回す”ベロ回し体操”を取り入れるとなお良いです。

 

このエクササイズなら、特別な道具を使わずに簡単に行えるのが嬉しいですよね。むくみやたるみにはもちろん、続けることでシェイプアップ効果が得られるので、毎日の習慣にしてみてはいかがでしょうか。

 

【関連記事】

絆創膏付きの後ろ姿ダサっ!「かかとの靴ズレ」を一日も早く直す術

男女とも惚れ惚れする「ツヤピカな美デコルテ」を作るコツ4つ

吉高由里子や黒木メイサ風に!華やか「一重まぶた」アイメイク術

全身も太って見えて残念すぎる!「顔だけデブ化する」悪習慣3つ

※ 【動画あり】なりたい印象別に使い分けるビューラーテク裏ワザ

 

【姉妹サイト】

※ 仕事で使いたい! コンビニで買える「本当に使えるボールペン」ベスト3

※ 最速リターン!ドラマ「ファースト・クラス」新たな敵は木村佳乃