なおも拡大中デング熱!蚊から身を守るアロマスプレーの自作法

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の風物詩、蚊。晩夏の今もなお生息しており、美肌を赤らめるやっかいな昆虫です。蚊の産卵は、夏から秋にかけて盛んに行われるため、蚊対策はまだまだ必要。しかし、市販の虫よけスプレーは臭いがきつい上、小さなお子さんに使用するのは、気が引ける方も少なくないのでは?

そこで、植物から抽出した天然のアロマを使用して、蚊よけスプレーを作りませんか? アロマテラピーインストラクターでもある筆者が、昆虫忌避作用のあるアロマと活用方法をご紹介します。

 

■昆虫忌避作用のある成分とアロマ

(1)シトラール(成分)・・・レモングラス、シトロネラ

アルデヒド類の成分で非常に酸化しやすく皮膚刺激があるので、濃度には気を付ける必要があります。忌避作用の他に、抗菌作用や鎮静作用があります。

(2)シトロネラール(成分)・・・レモンユーカリ、メリッサ

同じくアルデヒド類の成分です。抗ウイルス作用や抗炎症作用もあります。

(3)カンファー(成分)・・・ローズマリー

ケトン類の成分です。筋肉弛緩作用に優れるため、運動後の肌にも良いでしょう。集中力を増す作用もあるため、試験や仕事中に用いることもおすすめします。

(4)シトロネロール(成分)・・・ローズオットー、ローズアブソリュート、ゼラニウム

モノテルペンアルコール類の成分です。皮膚刺激がなく比較的穏やかな作用のため、他の忌避効果のある精油と混ぜて使用することをおすすめします。

それでは、さっそく蚊よけアロマスプレーを作ってみましょう。

 

■蚊よけアロマスプレーの作り方

【材料】

・お好きな精油・・・6滴

(例)レモングラス3滴、レモンユーカリ2滴、ゼラニウム1滴

・無水エタノール・・・10ml

・精製水・・・20ml(市販の軟水で代用可)

・ビーカー、マドラー、スプレータイプの遮光瓶

【作り方】

ビーカーに無水エタノールと精油を入れ、マドラーで混ぜます。精製水を加えてさらに混ぜましょう。瓶に入れ替えて完成です。

【使用方法と注意点】

目や口に入らないよう気を付けながら、全身に吹きかけます。汗で流されることもあるため、こまめに使用しましょう。お子様へは上記濃度の半分で作ってください。長袖長ズボンを着用するなど、スプレー以外の対策も怠らないようにしてください。

直射日光、高温多湿を避け、冷暗所で保管しましょう。使用前にはパッチテストを行い、使用中肌に炎症が生じたときはすぐに流水で洗い流してください。

 

いかがでしたか? 蚊対策になるだけでなく、心がすっと心地良くなる香りばかりなので、香水代わりに使用するのも良いでしょう。ぜひ作ってみてくださいね。

 

【関連記事】

掻いちゃうと痕になるから…「蚊に刺されたとき」の応急処置裏ワザ

蚊だけじゃない!? 夏に気を付けないと超危険な4種類の虫と対策

刺される人は何がダメ?「蚊」が寄り付かないようにするテク6つ

汗を拭いても意味なし!「本気で蚊に嫌われる」効果的な方法とは

※ 【動画あり】なりたい印象別に使い分けるビューラーテク裏ワザ

 

【姉妹サイト】

※ 働き女子のおやつはコレで!能率アップと美容効果が期待できる食品7つ

※ 食べ過ぎると危険…ヘルシーなイメージのひじきに発がん性物質!?