あるある!一瞬で「マジめんどくせぇ」ウザ子と判断される禁句4つ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には、人から愛される言葉使いが存在しますよね。それならば、その逆もまた然り。

そこで今回は、男性から一瞬で「コイツめんどくせぇ」と思われるNGフレーズについて、シャイニングコンサルタントの遠藤智美先生にお話を伺いました。

 

■1:「でも」「だけど」が多い

どんなにキレイな言葉を使っていても、会話が弾んでいたとしても、一瞬で男性から嫌われてしまうのが「でも」や「だって」などの、否定的な言葉です。誰だって否定ばかりされると、話す気がなくなってしまいますよね。特に男性は、否定されることをとても嫌がります。

例えばドライブ中、運転している男性に運転の仕方や、「こっちから行けばいいのに~」などと、通っている道の否定をすると、男性のイライラを増大させてしまうので気をつけましょう。

 

■2:「え?そんなことも知らないの」「出来ないんですか~?」

相手を下に見るような会話も、男性をイラつかせる言動の1つ。バカにされるのは、男性の自尊心を大きく傷つけることになります。

 

■3:「○○な性格なんだね」

血液型や星座、干支など「○○な性格なんだね」と、女性は楽しい会話の1つで言うことがありますが、「自分のことをよく知らないのに勝手に決めつけないで欲しい」と、男性は引くことがあるようです。

「怒ってるでしょ~?」「怒ってないよ」「いや、怒ってるって」「だから怒ってないよ!」と、怒ってないと言っているのに、勝手に決めつけられることが原因で、結果、怒り出してしまうことがあります。それなのに、さらに「ほら、やっぱり怒ってたじゃん!」などと言う女性も、よくいますよね。

素直に、相手の言葉を受け入れることが大事ですよ。

 

■4:「私のこと好き?」「○○と私どっちが好き?」「どのくらい好き?」

ありきたりですが、昔から今も時代は変わっても、この質問だけは、“男性が最も嫌う”王道の質問なのではないでしょうか。

女性にとって愛情表現であるこの質問も、男性にとってはただの野暮。嫌いなら一緒にいません。好きだから、今一緒にいるのですからね。

 

いかがでしたか? 以上、男性から一瞬で「コイツめんどくせぇ」と思われる、要注意フレーズについてお伝えしました。「ついつい使っていた!」と気づいた方、今日から愛される言葉使いを意識してみてくださいね。

 

【関連記事】

※ スマホ操作でドン引き!? 合コンで男性に嫌われる行動ランキング

※ 男性の53%が交際に「親が影響」!彼ママに嫌われるNG行為とは

※ アウト!真夏に一瞬で凍りつく女性の「下品極まりない」NG行動

※ 男性が心底「この子だけは遠慮したい」と思う残念女子のNG特徴

※ 【動画あり】不器用さん必見!簡単こなれ「ポンパドール」の作り方

 

【姉妹サイト】

※ これで撃退!同僚男性からの「ムカつくセクハラ発言」への上手な返し方

※ スキニージーンズはもう終了!この秋NYでトレンドのボトムス7つ

 

【取材協力】

※ 遠藤智美・・・幼稚園教諭、保育士、養成校で17年間勤務。子育てを経て、イメージコンサルタント、マナー、メイク、色彩心理を学び、セミナー講演活動を行う傍ら、『湘南話し方センター』の講師として、第一印象やコミュニケーション、マナーを指導。2014年4月神奈川県平塚市にシャイニングコンサルタントとして美・健康・癒し・学びのトータル複合施設『Shining place』を起ち上げ、”笑顔の花を咲かせる活動”を行っている。